<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2010年06月17日

公明党のマニフェストは「新しい福祉」

公明党が参院選公約、「新しい福祉」提唱
 公明党は17日午前、参院選公約となる「参院選重点政策(マニフェスト2010)」を発表した。心の病、貧困、不安定雇用といった現代的課題に対応する「新しい福祉」を提唱するなど、立党の精神とする福祉政策の充実を強調。国会議員の定数や歳費の削減を含む国会改革も打ち出した。
(2010年6月17日12時19分 読売新聞)

公明党らしいマニフェストだと思う

今回の選挙には新党が連立しているが、本当に大丈夫なのだろうか

以前、新党結成が流行りになっていた時期があった
あれは魁や新進党など、本当にミニ政党がウヨウヨしていた
その後、新党は2・3年で全て消え去ってしまった

今回もその同じ轍を踏むのではないだろうか?!
参議院の任期は6年。
その間に所属政党が消滅したなんて、私の1票の行方はどうなったの?!
そんな事になりかねない
私が入れたのはA党。それが消滅してB党と合体し。
私はB党には入れていないのに!
こんな事にもなりかねない。

公明党は地方議員が3000人もいるそうだ
ネットワーク政党を唱っているだけの事はある。
女性議員も多いようだから、私達の声がストレートに国政に届くという訳か?!


人気ブログランキングへ読売新聞ニュース掲載記事の続きを読む
posted by ちゃえ at 15:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

公明党は「インド洋での給油活動の継続」を支持

公明党・山口代表「給油活動の継続必要」 - YOMIURI ONLINE
(2009年10月11日18時39分 読売新聞)

公明党の山口代表は11日、来年1月に期限が切れるインド洋での海上自衛隊の給油活動の継続は必要としながらも、自民党との議員立法で継続を求めることには否定的な立場を表明した。広島市内で記者団の質問に答えた。


山口氏は海自の活動について
「効果もあるし、各国から継続要請を受けているので、継続の法的措置を取ってもらいたい」
と述べ、臨時国会で政府に対応を求めるとした。
その上で
「自衛隊の海外活動(の法整備)は政府がやるのが原則だ」
とも述べ、自民党の独自法案提出の動きに公明党は同調しない考えを示した。



<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 11:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

公明党浜四津代表代行が今期限りで引退

公明党:代表代行の浜四津参院議員、今期限りで引退−毎日jp
2009年10月3日 12時5分 更新:10月3日 12時15分


公明党代表代行の浜四津敏子参院議員(64)は3日午前、2010年夏の参院選について
  「党の定年制をきちんと守りたい」
と述べ、立候補せずに引退する意向を示した。毎日新聞の取材に答えた。

 同党は任期中に66歳を超える場合、公認しない定年制を設けている。
これまでは党への貢献度や選挙区事情などで特例を認めていたが、衆院選敗北後、候補者の高齢化などに党内や支持者から不満が出ていた。
浜四津氏は井上義久幹事長から引退を打診され、執行部に一任する考えを伝えたという。
8月の衆院選では神崎武法元代表(66)や坂口力元厚生労働相(75)が公認され、当選している。
【田所柳子】




<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

公明党 外国人の地方参政権付与法案を提出へ

公明、外国人の地方参政権付与法案を提出へ
YOMIURI ONLINE



 公明党の山口代表は26日、静岡市内で記者団に、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を10月中下旬にも開かれる臨時国会に提出する方針を明らかにした。

 公明党は1998年以降、与党時代も含めて、たびたび同法案を提出してきた。しかし、連立を組んでいた自民党内に慎重論が強く、2005年の衆院選後に提出した法案を含め、すべて廃案になっている。

 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が19日、李相得(イサンドゥク)・韓日議員連盟会長に次期通常国会への提出に前向きな姿勢を明らかにした。同法案成立に向けて「共闘」が成立すれば、公明党が野党に転落して以降、初めて民主党と連携する機会となる。

 ただ、民主党内でも、慎重派と積極派が対立しており、意見の集約は図られていない。山口代表は連携について、「民主党がどういう政策決定をするかは定かでない。否定的な意見もあるようなので、よく見定めて検討していきたい」と述べるにとどめた。

(2009年9月26日20時01分 読売新聞)

<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 14:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。