<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2006年06月23日

ジーコ監督のコメント

日本がW杯で勝ち点1を獲得するに留まった理由は? 
監督にあるのか、選手にあるのか?


監督が勝つわけでも負けるわけでもないし、選手が勝つわけでも負けるわけでもない。
いつもチームが勝ち、チームが負ける。
私は選手を選び、戦術を選ぶという点で責任があると思う。
W杯に出るという目標は達成したのだが、第1戦の最後の8分間が致命的だった。
我々は今日敗退したわけではない。
オーストラリア戦の1対3での敗戦が痛かった。
16チームが残り、16チームが帰っていく。
我々は相手を負かすことができなかった。
ただ、みんな精一杯やったと思う。


今日のブラジルについては?

すでに決勝トーナメント進出を決めているので、落ち着いていた。
交代にも余裕があった。
また、スピードがあり、日本はマーキングに苦労した。
ロナウドは少し放っておくと得点を挙げる。
自分のチームにいれば… と思うような、違いを生み出せる選手。
ゴールのチャンスがあれば活かす選手。
今日のブラジルは仕事が簡単だったと思う。
逆に我々は難しい状況だった。
後半に我々がリードしたまま入っていければ、また違ったと思う。
前半のうちに同点にしたことで、ブラジルはまた楽になった。
我々は今日敗退したわけではない。
オーストラリア戦が難しい状況を作り出した。


中村選手を最後までピッチに残した理由は?

中村はすばらしい選手。
彼は日本に喜びをもたらしてくれる。
活躍ができていなければ代えなくてはいけないが、高原のケガでもうひとつの交代枠を使わなければならなかった。
中村は信頼している。
ただ、このW杯はいい活躍を見せることができなかった。


今大会、最後までパスサッカーができなかったことについては?

たくさんミスをした。
2点入れなくてはいけなかった。
これで焦りがあったかもしれない。


W杯で勝てなかった理由はなんだと思うか?

今日、ブラジルに負けたわけではない。
1対0でリードしたが、後半まで続かなかった。
オーストラリア戦でも80分以上勝っていたのに、8分間で逆転された。
まだまだ改善の必要があるということ。
日本にとっては3回目のW杯。
日本はいいチームだが、限界もある。
我々はこれまでの道のりを乗り越えてきたが、トップレベルのチームにはなっていない。


アジアカップでは優勝したが、コンフェデレーションズカップでもW杯でもグループリーグ敗退。具体的に足りないものは何か?

まずプロフェッショナリズム。
自分の欠点を知らないといけない。
もっと大会に出て、試合をしなくてはいけない。
日本の選手で海外のリーグでやっているのは少人数。
それも、試合にコンスタントに出ているわけではない。
選手はいつも、自分のいるチームで試合に出続けないといけない。
選手はもっとプロになる必要がある。
肉体的にも強くならないといけない。


プロ意識というのは具体的に?

クラブに所属しているなかで自分の練習、試合ですべてを出し尽くすということ。
自分の課題は分かっていると思うが、それ以外にもどんどんサッカーを追求していくということ。
自分はこれでメシを食っているんだという意識。
常に上をねらいながら、代表に来たときだけがんばるのではなく、クラブでそういうことをやっていかなければならない。
もっと成長できた選手もいたと思う。
これは意識の持ちよう。


W杯で成功するためにはアジアでやっていた以上のものを出さないいけないとバンコクでも選手に話した。
選手一人ひとりにフィジカル的な強さ、自分に足りないと思う技術的なもの、これをクラブで追求して欲しいと言った。
数多くの選手がそれを実行してくれたが、いまひとつ足りなかった選手もいる。
歴史の浅いなかで、W杯に行くことについて軽い気持ちで来てしまった選手もいたかもしれない。
これだけ厳しいことが起こるんだということが分かっていれば、もっとすべての人間が鍛えてきたと思うが、その辺が経験の少なさだと思う




1次リーグ敗退で。。。。。。
posted by ちゃえ at 14:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

上川主審ナイスジャッジ

●英BBCも絶賛 日本人審判初の決勝トーナメント“進出”へ好発信
 2大会連続審判の上川徹主審(43)がポーランド−エクアドル戦を裁く
  副審は日本の広嶋禎数(44)・韓国の金大英(43)
「決勝を吹きたい」という夢へ向け、まずは“1次リーグ突破”を目指す

●後半17分のペナルティーエリア内で起こったシーン
  倒れたエクアドルFWデルガドと交錯したポーランドDFヨップ
  上川主審の笛は鳴らなかった
  首を振って、右手でデルガドに起き上がるように促した
  同主審は毅然(きぜん)と対応した

・英国BBCのコメンテーターを務めるミック・マッカーシー氏
  (02年W杯アイルランド代表監督)
 「素晴らしい判断だ。すごくよく見ていた。あれはファウルではない」
 「全体を通じていいレフェリングだ。うまく(反則をとらないで)流している」
  上川.jpg

<関連記載記事>
 W杯に上川氏が主審に選出
 上川 徹 プロフィール 





決勝トーナメントで笛を吹いてもらいたい。。。。。。
posted by ちゃえ at 12:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

5人目のW杯審判はナニワの先生

●「ナニワの先生が走った」 ポーランド−エクアドル戦
 広嶋禎数副審(44)
  大阪府河内長野市の府立長野高校の体育の教諭
  「今までの経験を引き出せるよう平常心でやりたい」
 「チーム上川」
   上川主審 広嶋副審 韓国の金大英副審 
  (同じ大陸連盟に所属する主審と副審2人をチームとする新規則)

日本のジャッジ現状
 主審はプロ制度があるが、副審にはまだない
 広嶋副審は、教員の仕事のかたわら週末のJリーグなどで経験を重ねてきた

国際審判員の定年は45歳。広嶋副審は大舞台に立つのは今大会が最後となる

≪生徒感動「すごい」 大阪府立長野高校≫
 広嶋副審が勤務する府立長野高校の生徒らは、ドイツのピッチに立つ先生の姿をテレビで見つめた。サッカー部の主将、福島俊喜君(16)は「サッカーをする人間の夢の舞台で、僕らを指導してくれる先生が副審をしているなんて、すごい。感動しました」

<関連記載記事>
 W杯に上川氏が主審に選出
 上川 徹 プロフィール 






posted by ちゃえ at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

23人目のサプライズ!対戦国の監督も困惑

●FW巻誠一郎(25)=千葉=が23人目でコール
 W杯ドイツ本大会(6月9日開幕)に出場する日本代表メンバー23人を発表
 代表入りが絶望視されていた巻選手が、5人目のFWとして大逆転で選出
 当確視されていたFW久保竜彦(29)=横浜M=はよもやの落選

●驚きの発表を聞いた巻選手
 ジーコ監督が最後に「マキ」という名前を発した瞬間、自分の耳を疑った
 千葉・市原市内のホテルで別の取材を受けていた巻だった
 「びっくりした、というのが正直な感想。
 “厳しい”という情報は僕の耳に入っていましたから」
 「小さいころからの夢だった。うれしい」
 ビッグサプライズに全身が震えた
 
・想定外の選出
 実際、午後2時の発表時に千葉クラブハウスで待機していた報道陣は15人
 それが同4時の会見では10倍の150人に膨れ上がって、緊急会見
 巻はと素直に喜びをかみしめた

・ジーコ監督の評価
  最後まであきらめない姿勢
  ゴール前での存在感
  ボールへの執着心
 「エリアの中で積極的な仕事ができる。FWとしての資質の高さを示した」
  9日のキリン杯ブルガリア戦で執念の同点ゴール
  明日なき戦い”を生き抜き、代表の座を自力でもぎ取った

・巻選手のコメント
  選ばれるだけじゃ意味がない
  自分らしいプレーでチームに活力を与え、全試合勝つ
  もちろん優勝が目標。それが日の丸を付けて戦う最低限の心構え

  僕のために落ちた人がいる。失礼のないよう、納得されるプレーをしたい

 昨年7月の代表初選出に続く“入れ替わり”となった久保を気遣った
 
・人の痛みの分かる繊細な好青年・巻選手
 ゴール前では“壊し屋”に変ぼうする
 熊本・大津高2年までサッカーと並行し打ち込んだアイスホッケーの経験を持つ
 GKとの交錯を恐れない
 184センチの体を張った泥くささが魅力
「日本が初出場したW杯(98年)に興奮した。中山さんの泥くさいプレーが今も僕の中に焼き付いている」
 ゴンの遺伝子を引き継ぐ男が、ドイツでも明日なき戦いを生きる
      巻.jpg
  サポーターを抱き上げ笑顔を見せる巻選手=千葉県市原市の姉ケ崎グラウンド


台風の目になってほしい。。。。。。
posted by ちゃえ at 09:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

W杯に上川氏が主審に選出

●W杯 もう一つの戦い
 国際サッカー連盟(FIFA)がワールドカップドイツ大会の主審23人を発表
 日本から上川徹氏(42)が2大会連続で選出
 アジアからは上川氏とシャムスル・マイディン氏(シンガポール)の2人だけ
 副審は後日、発表
 
●日本人のW杯の審判の歴史
 1970年メキシコ大会で副審の丸山義行氏が最初
 その後、高田静夫氏、岡田正義氏、上川氏が選ばれている

●上川氏コメント
 「再び夢のフィールドに立てることに、大きな喜びと誇りを感じています。経験を生かし、平常心でしっかりと試合をコントロールしたいと思います。また、私の活動を支えて下さった皆様に深く感謝申し上げます。」
 


上川氏は、日本におけるプロのスペシャル審判員第1号

<関連記載記事>
 上川 徹 プロフィール 



主審「23枠」の争奪戦をTV報道。。。。。。
posted by ちゃえ at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ジーコジャパン、南米勢相手に初勝利

●エクアドル戦 1−0で勝利
 ジーコ監督就任後、初めて南米勢相手に勝利を挙げた
  後半に入って32分すぎ、ジーコ監督は2トップを交代させ、佐藤と巻を投入
  その佐藤が三都主からのクロスを左足で蹴り込み、先制点を奪う

<日本代表 出場メンバー>GK:23 川口能活
DF:20 坪井慶介、5 宮本恒靖(cap)、22 中澤佑二
MF:21 加地亮、15 福西崇史、18 小野伸二、14 三都主アレサンドロ、8 小笠原満男
FW:9 久保竜彦→37 佐藤寿人(後半32分)、28 玉田圭司→37 巻誠一郎(後半32分)

   サッカー1−0.jpg

<関連掲載記事>
 日本―エクアドル戦がブラジルで異例の生放送



やった、ジーコジャパン。見たか、ブラジル。。。。。
posted by ちゃえ at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本―エクアドル戦がブラジルで異例の生放送

●ブラジル衛星放送局「スポーツTV」での生中継が決定
 今日の日本―エクアドル戦
 
 ブラジルはドイツW杯1次リーグF組で6月22日に日本が対戦

 ブラジルでは早朝7時開始
 同国のアイドルが率いるW杯のライバル国に国民も注目
 「日本の親善試合の生放送は異例ですが、ブラジル国民は日本の実力を認めています。W杯決勝進出は大穴だが、決勝トーナメント進出は想定内です」




ジーコジャパンは、W杯で台風の目になりそう。。。。。
posted by ちゃえ at 11:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。