<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2010年05月20日

当然の辞職 民主・小林千代美議員、北教組事件で引責



当然の事でしょう
当初、辞職はしないと言い切っていた本人も、公判が進む中で‘言い訳’ができない常態に諦めたとしかいいようがない
これで、同じ問題を抱えている「鳩山・小沢両氏の政治と金の問題」が再燃するは必死!
辞職を決めたなら、さっさと辞職して欲しい
延び延びになっていくと、その分の給料を議員に支払われていく
その損失を考えると、ゾッとする
国民の血税を何と心得ているのか!

人気ブログランキングへ

posted by ちゃえ at 09:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

幹事長に右にならえの小林議員

小林千代美議員、離党も辞職もせず…会見で表明
(2010年3月22日19時38分 読売新聞)


20100322-250165-1-N.jpg北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件で元陣営幹部が起訴されたことについて、民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)は22日夜、札幌市内で記者会見し、「責任を感じるが、国会、地域での活動に努め、職責を全うしたい」と述べ、当面は議員辞職も離党もしない考えを示した。

人気ブログランキングへ


<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
ラベル:金銭疑惑 民主党
posted by ちゃえ at 17:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

石川議員、やはり離党へ

石川議員、あす離党届 小沢氏「中央突破だ」 尾引く「政治とカネ」
2月11日7時56分配信 産経新聞



民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記載事件で、政治資金規正法違反の罪で起訴された衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告は12日に離党届を提出する。野党などから政治責任を問われている小沢氏は石川議員の離党を容認する一方で、自身は幹事長を辞任せず、国会招致の要求にも応じない構えだ。だが、石川議員の離党だけで事件の幕を引くことについて、世論や野党が納得する可能性は小さく、小沢氏の「政治とカネ」の問題が今後も尾を引くことは確実だ。

 石川議員は10日、世論の批判や平成22年度予算案審議への影響を念頭に「責任をとりたい。みんなにこれ以上迷惑をかけたくない」と、離党の意向を党関係者に伝えた。だが、衆院議員の職にはとどまる考えだ。

 小沢氏は同日夕、石川議員を支援してきた鈴木宗男新党大地代表と会談し「本人の判断を尊重する。そっとしておいた方がいい」と述べ、離党容認の考えを示した。小沢氏は石川議員を「起訴は国会議員の職責を問われてのことではない」とかばってきたが、世論の風当たりは強く、離党容認に傾いたものとみられる。

 小沢氏周辺は、石川議員の離党をもって、この事件に幕を引き、小沢氏の責任問題に波及することを防ぎたい考えだ。民主党の小沢グループの若手議員は「石川議員の決断は重い。小沢幹事長に波及しない」と述べている。

 また、小沢氏自身も不起訴処分で潔白が証明されたとの認識で、周辺に対して、「ここは中央突破だ。何でもないことだ」と述べたという。

 だが、石川議員の離党という「トカゲのしっぽ切り」のような決着のつけ方だけで、事態が収束するとは考えにくい。そもそも石川議員自身が「迷惑をかけたくない」と言った相手は、あくまでも民主党やその支持者たちに対してであって、「離党は党にけじめをつけたという意味しか持たない。何の政治責任を果たしたことにもならない」(民主党関係者)からだ。

 また、小沢氏が幹事長辞任を拒否していることについて、小沢氏と距離を置く民主党ベテラン議員は「辞任して逮捕されるのが怖いんだろう。故金丸信元自民党副総裁は議員辞職した後に逮捕された。だから絶対辞めない」と分析した。

 野党各党は10日、「石川議員は議員辞職に値する」(小池晃共産党政策委員長)と反発、自民党の谷垣禎一(さだかず)総裁は、小沢氏の参考人招致や証人喚問も求めた。

 民主党の中堅幹部の一人は「秘書だった石川議員が離党なら、幹事長は辞めて責任をとるというのが普通の感覚だ。でも今のうちの党は普通じゃないから」と、小沢氏の「中央突破」の姿勢に疑問を呈した。

 鳩山由紀夫首相は10日夕、首相官邸で記者団に、石川議員の離党の意向について「起訴された事実は重い。検察の判断を信頼すべきだ。その意味で出処進退はご自身で判断されるべきだ」と語った。

人気ブログランキングへ
<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 00:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

石川容疑者、議員辞職せず

石川知裕議員:辞職せず 支援者に意向伝える
毎日jp


小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された同党衆院議員の石川知裕被告(36)=北海道11区=が保釈直後に議員辞職しない意向を地元支援者に伝えていたことがわかった。

 民主党道第11区総支部代表代行の池本柳次道議によると、石川議員は保釈された5日夕に今後の進退について、池本道議に電話で「議員として頑張っていきたい」と伝えたという。

 池本道議は「裁判で事実がどう確定するか分からない段階。地元の党支部としても辞職や離党はさせない考えだ」と話している。
【田中裕之】


人気ブログランキングへ


<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

小沢幹事長の進退が問われる

陸山会への2億8千万円「寄付」は偽装 池田元秘書供述
asahi.com


TKY201001160199.jpg小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反容疑事件で、同会が2005年分の政治資金収支報告書に、関連政治団体から2億8千万円の寄付があったように装う虚偽記載をした疑いがあることがわかった。05年分の収支報告を担当した小沢氏の元秘書、池田光智容疑者(32)は特捜部の調べに対し、この2億8千万円が偽装だったことを認めた模様だ。

 陸山会は、実際には04年10月に不動産会社から購入した東京都内の宅地の代金を05年1月に支出したとして記載しており、東京地検特捜部は、05年の時点で十分な資金があったように見せかけるためのつじつま合わせの工作とみている。

 小沢氏は12日の定例会見や昨秋の会見で、陸山会の収支報告書の記載について、具体的な疑問には答えないまま「計算上のミスはあったかもしれないが、意図的に法律に反するような行為はしていない」「単純ミスだ」としてきたが、この釈明にほころびが生じた。

 陸山会の収支報告書は事務担当者が作成し、04年分は元秘書で衆院議員の石川知裕(ともひろ)容疑者(36)=同党、北海道11区=、05年分は後任の池田元秘書が担当した。

 陸山会は04年10月29日、原資不明の4億円を使い、東京都世田谷区の宅地を不動産会社から約3億4千万円で購入。関係者によると、この際、陸山会側は不動産会社側に「登記の時期は自由にしたい」と伝え、05年1月7日付で売買を登記。05年分の収支報告書にも、同日に土地を購入したとして約3億5千万円を支出計上した。

 ところが、陸山会が同日時点で保有していた資金は、定期預金以外は約1億4千万円で、土地代金には約2億円足りなかった。


人気ブログランキングへ


<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

民主キャバクラ通い政治活動費問題に「国民が判断」とは

民主政治活動費:キャバクラ支出「国民が判断」 官房長官 - 毎日jp

平野博文官房長官は30日午前の記者会見で、川端達夫文部科学相ら民主党の5議員の政治団体が政治資金収支報告書で「キャバクラ」などへの支払いを政治活動費として計上していたことについて「適切か不適切かは国民の皆さんが判断されることだと思う。懸念を抱かれないようにすることは政治家として大事だ」と述べた。

 民主党本部からの寄付を受けた団体での政党交付金の使い道に関しては「党の内規で使い方は厳格にしている。税金を使っていることは考えられない」とし、川端氏ら閣僚に事実関係を確認する考えを示した。【横田愛】

<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 10:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主後藤議員の出納責任者逮捕−宮崎3区

民主後藤氏の出納責任者逮捕=選挙運動に日当支払った疑い−熊本県警
9月30日15時32分配信 時事通信


衆院選に熊本3区から立候補し比例九州ブロックで復活当選した民主党新人の後藤英友氏派の選挙違反事件で、熊本県警は30日、公選法違反(日当買収)容疑で、陣営の出納責任者で自称私設秘書井上広世容疑者(42)=熊本市京町=を逮捕した。同県警は認否を明らかにしていない。
 公選法の規定では、出納責任者が選挙違反をし禁固以上の有罪が確定した場合、連座制が適用され、立候補者の当選が無効となるほか、同一選挙区からの立候補が5年間禁止される。
 警察庁によると、8月30日投開票の衆院選で当選した候補者の出納責任者逮捕は初めて

<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 00:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

江田五月議員らの民主5議員7団体が政治活動費で飲食

民主5議員団体:クラブ、キャバクラ…政治活動費で飲食 - 毎日jp

政権交代を受け、毎日新聞が要職に就いた民主党議員の政治資金を調べたところ、江田五月参院議長(岡山選挙区)=会派離脱中=や川端達夫文部科学相(衆院滋賀1区)ら5議員の政治団体が、女性従業員らに接客される「キャバクラ」などへの支払いを「政治活動費」として計上していたことが分かった。支出は03〜07年に計500万円超。支出した政治団体には党本部からの寄付を主な収入源とする団体もあり、原資には国庫から支出される政党交付金が含まれ、使途の妥当性を巡って議論を呼びそうだ。

 毎日新聞は民主党の閣僚や主要幹部について、昨年公開された07年分政治資金収支報告書からさかのぼり、過去5年分の報告書を調査。支出先の会社名などを基に調べたところ「クラブ」「キャバクラ」「ラウンジ」「ニューハーフショーパブ」など風営法2条2号で定められた店への支払いを、5議員の計7団体で確認した。

 江田氏の資金管理団体「全国江田五月会」は東京・西浅草のキャバクラなど計11店で27件、計237万円余を支払った。同会は07年、選挙対策費として党本部から2000万円の寄付を受け、これは同年の全収入の半分。川端氏が代表の「民主党滋賀県第1区総支部」と同氏の資金管理団体「川友政治研究会」、政治団体「達友会」は東京・赤坂のクラブや新宿のニューハーフショーパブなど6店で14件、計114万円余を支払った。

 ほかにクラブなどへの支出が確認されたのは、直嶋正行経済産業相(参院比例)の秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」で3店8件、計146万円余▽松野頼久官房副長官(衆院熊本1区)の資金管理団体「政治システム研究会」で2店3件、計51万円余▽松本剛明衆院議院運営委員長(同兵庫11区)の資金管理団体「松本たけあき後援会」で2店2件、計34万円余。

 民主党は03〜07年に計約548億円の政党交付金を受け、これは党本部の全収入の約8割。同党が所属議員に配る「政党交付金ハンドブック」は、交付金から酒を伴う飲食費の支出を禁止している。【政治資金問題取材班】

 ▽江田事務所の話 議員は(接客飲食店での会合に)参加しておらず、会員や支持者、秘書らが参加した。(不適切との)指摘にかんがみ、支出のあり方を(五月会の)役員会で検討してみたい。

 ▽川端事務所の話 法に基づいて正確、適切に記載している。それ以上は答えられない。

 ▽直嶋事務所の話 収支報告書の記載通りで間違いない。それ以外は答えられない。

 ▽松野氏の代理人弁護士の話 いかがわしい風俗店とは違い、打ち合わせの場所として活用している。不適切とは思わない。

 ▽松本事務所の話 このような費用は個人負担せよとのご指摘はごもっとも。議員から相当額の寄付を(返還分として)受けることを検討したい。

 ◇ことば 風営法2条2号
 風営法2条2号は「客の接待をして遊興または飲食をさせる営業」を規定。女性従業員らが同じフロアで接客する「クラブ」「キャバクラ」などがこれに当たるとされる。主にカウンター越しで接客する「スナック」でもフロア接客する場合は同様。毎日新聞は、該当するとみられるケースを集計した。

<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>
posted by ちゃえ at 09:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

横峰議員のスキャンダルと議員の資質

参議院選に民主党が、さくらパパを容認したと報道された時、このようなスキャンダルが発覚するのは時間の問題だと思っていた。
昨日、会見を開いたが、激怒で終わらせた。
話しているうちに、自分を擁護する為に作ってもらった構図が、あたかも正論であったかのように錯覚してきたのではないだろうか。
事実は彼だけが知っているはずだが、今度ばかりは分が悪い。
激怒の度合いが過激になればなうほど、彼の仮面が剥がれてくるように見えた。
彼の場合、ゴルファーの横峰さくらプロを、スパルタ式で立派に育てたという実績だけで、さくらプロと2人でセットだった。
その実績も、通常の常識で育てた訳ではない。
平日のゴルフ場は、プレー料金が安くなっている。
学生のさくらさんを、勉学を優先させずに平日の練習をさせていた。
学校からの苦情には、自らの自論だけで押し切っていた。
ここに、庶民の代表としての資質はあるのだろうか。
我が子を立派なプロになる事と、子供の勉学を天秤にかけると、常識では一応は勉学が優先されるべきだ。
非常識な常識で物事を計り、政治に参戦されてしまうなら、これほど国民にとってマイナスな事はない。

民主党の候補選びは、以前から問題化されていた。
最近では、4月の地方選で世田谷区議選でトップ当選した議員は、経歴些少。
過去の民主党の国会議員で、麻薬を常習し逮捕歴のある沖縄の議員もいた。
有名ならばいいのかという問題になってくる。
何でも、民主党の候補条件は‘イケメン&爽やか’だと、それだけでOKらしい。
議員としての資質は、全く問わない。
我々の生活の根本を握っていく国政に、その資質は必要ないのだろうか。
吼えるだけの議員は全く必要ない。
これでは今後の日本を任せていけないのではないだろうか。

捩れ現象の国会では、民主党の活躍に目をむけていこうではないか。
posted by ちゃえ at 09:04| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

公明党・目黒区議の不祥事

公明党目黒区議団全員辞職
    (公明党公式HP〜、11月25日付け公明新聞から)

政治に対しては、特にクリーンなイメージを発信していた「公明党」が、大不祥事を起こした。
事もあろうに、政務調査費の不正使用だ。
自家用車の車検代。
自家用車のカーナビ。
バス旅行の領収書改ざん。
タクシー領収書の改ざん。

目黒の公明党区議は、6人いる。
そのうちの2人は、定年で次の選挙には出馬しない事を表明していた。
残る4名は、公明党から公認されていた。
その公認が取り消された。
事実上、死刑宣告をした訳だ。
目黒区で、この議員達の応援に走り回っていた党員(学会員だけだろう)が、可哀相だ。
死に物狂いで、応援していたのに、今になって裏切られたと感じているだろう。
目黒区だけではない。
全国の党員に広がっているショック。

この問題は、果たして目黒区の公明党区議だけの問題だろうか。
絶対に違うはずだ。
そもそも、領収書提出の義務がある地方自治体は、全体の何割なのだろうか。
都内23区にも、領収書提出義務のある区の方が少ない。
誰もが‘第二の給料’として、この政務調査費を使っているはずだ。
目黒区の他の議員達も、ハラハラしているはずだ。
勿論他党にも、衝撃は走っているはずだ。

いち早く手を打ったのは、公明党代表の太田氏。
公認を外された事で、待っている道は一つしかなくなる。
辞職したのは本人達の意思だろうが、この道しか残っていなかったのも事実。

公明党の目黒区議の事を問題視するのではなく、全体の政務調査費に対しての追及が第一になるはず。
あの公明党でさえ、こんな事をするのだから、危ない議員ばかりだろう。
今後、政務調査費の問題がクローズアップしてもらいたいものだ。





posted by ちゃえ at 14:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

木俣参院議員は起訴猶予処分

●愛知県警豊橋署に傷害容疑で書類送検された木俣佳丈参院議員=同県選出=
  飲食店で女性店員にけがを負わせたとして起訴
  昨年12月29日夜、同県豊橋市内の飲食店で飲食
   30歳代の女性店員を足げにするなどの暴行行為の問題

 名古屋地検豊橋支部は26日、起訴猶予処分とした
  同地検の津熊寅雄次席検事
   暴行はさほど執ようではなく、改しゅんの情も顕著
   示談が成立し、被害届も取り下げられている

・民主党に所属していたが「迷惑をかけた」として2月21日に離党している
 木俣議員は98年の参院選で初当選し、現在2期目
   (参議院議員選挙愛知県選挙区・民主党から出馬 672450票で当選)
     2004年参議院選挙結果
       当 浅野 勝人  <自民 新>  824,941
       当 佐藤 泰介  <民主 現>  742,882
       当 木俣 佳丈  <民主 現>  672,450
         八田 ひろ子 <共産 現>  417,587
         古井戸 康雄 <無所 新>  177,349
         佐々木 賢治 <無所 新>  71,099
         林田 好文  <諸派 新>  19,156

<関連記載記事>
 民主・木俣参院議員が飲酒トラブル



国民の代弁者が国会議員。。。。。。
posted by ちゃえ at 08:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

西村議員の議員辞職勧告決議案

●西村真悟被告(民主党を除籍)に対する議員辞職勧告決議案
 自民、公明、民主、共産、社民、国民新の各党の賛成で可決

 民主・山田氏が決議に反対
  西村氏と旧自由党時代からの仲間
  情において忍びない
  採決後、民主党の川端達夫国対委員長代理は山田氏を口頭で注意
 永田氏は棄権
  採決に参加するのは心情的に耐えられなかった
  わたしは半ば謹慎の身なので、苦渋の決断




 「一人会派」の届出、立法事務費が欲しいのか。。。。。
posted by ちゃえ at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

今度は自民党議員の不祥事

先日、民主党の議員が女性にケリを入れた記事を掲載した。
今度は、自民衆院議員が女店主にけがをさせていた。

●不祥事を起こした議員 
 自民党の中根一幸衆院議員(36)=比例北関東ブロック=
 埼玉県鴻巣市議や衆院議員秘書を経験
 昨年9月の衆院選で初当選
 埼玉6区で立候補し、比例での復活当選

●被害届が警視庁池袋署で受理
 昨年12月15日夜、豊島区の飲食店に数人で来店
 店主に暴行を加えてけがをさせたとして、店主から被害届が提出
 飲食店で女性店主(44)に暴行を加えたとして被害届を出されたしていた
 同署は事実関係の確認のため、議員からの聴取も検討

●中根議員の対応
 政策秘書は「対応は弁護士に任せている」

<関連記載記事>
 民主・木俣参院議員が飲酒トラブル



昨今の国会議員の素質は最低に成り下がった。。。。。
posted by ちゃえ at 23:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

民主・木俣参院議員が飲酒トラブル

●昨年12月末に傷害事件を起こす
  民主党の木俣佳丈・参院議員(40)(愛知選挙区)

  今年1月に愛知県警豊橋署から任意で事情聴取を受けた
  同署は木俣議員を傷害容疑で近く書類送検する方針

●事件の経緯
 同県豊橋市内の飲食店で酒を飲んだ際、30歳代の女性店員とトラブル
 店員をけって、軽いけがを負わせた疑い
 店員は被害届を出したが、その後、示談が成立し、取り下げ

●木俣議員とは
 一橋大卒
 経済団体連合会(現日本経団連)職員を経る
 1998年7月の参院選で民主党候補として愛知選挙区で初当選
 04年7月の参院選で再選
 同市出身



先生と呼ばれるようになると。。。。。。
posted by ちゃえ at 09:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

西村真悟容疑者,追起訴で同日保釈

西村真悟容疑者(57歳 衆院議員・元民主党)が釈放された。
 

●12月28日(大阪地検特捜部)
 組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の罪で追起訴

 保釈保証金3000万円で保釈(同日午後6時30分)

●起訴状などから
 鈴木被告に「西村真悟法律事務所」の名前で交通事故の示談交渉などをさせた
 98〜04年の報酬の中から計約3424万円の「名義貸し料」を受け取っていた
 公訴時効(3年)にかからない02年12月〜04年10月に受け取った計836万円分を対象

●西村被告は起訴事実を認めている
 「非弁活動の分け前との認識があった」
 動機についても「政治には金がかかる」と話している

●起訴猶予処分の他の2人
 佐々木俊夫・政策秘書(47)
 地元事務所職員(44)
  (共に、弁護士法違反と組織犯罪処罰法違反容疑)

関連記事
西村議員、弁護士会は懲戒処分も
西村真悟容疑者 再逮捕



情けない政治家の実態。。。。。
posted by ちゃえ at 13:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

西村真悟容疑者 再逮捕

西村真悟議員が組織的犯罪等処罰法違反で再逮捕された。
18日、大阪地検特捜部の発表
 弁護士法違反事件で、無資格の弁護士活動(非弁活動)で得られた報酬のうち約800万円を受け取っていた疑い

○再逮捕されたのは(犯罪収益の収受の容疑)
 衆議院議員の西村真悟被告(57)
 法律事務所元職員とされる鈴木浩治被告(52)
 政策秘書の佐々木俊夫(47)
 議員事務所事務員の寺沢秀美(44)
 
○容疑
 鈴木被告に弁護士の名義を貸し、示談交渉などで不正に得た500万円を受領した疑い
 大阪府堺市内の西村容疑者の法律事務所の家賃(月14万円)計約300万円を肩代わりさせた疑い



 
西村真悟容疑者 再逮捕。。。。。
posted by ちゃえ at 17:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

五島衆院議員 辞職

今、TV速報で流れたニュース。
<民主党>五島衆院議員が辞職 秘書らの選挙違反で引責

よくある公選法違反の裁判ではあるが、郵政民営化の是非を問うという選挙で圧勝した自民党に、勝ち上がってきた議員だけに、比例当選とは言え、民主党に投票した方々の期待を大きく裏切った形になった事に、深い憤りを感じる。

○事件内容と経過
 五島正規衆院議員(66)の政策秘書矢吹雅敏容疑者(50)らの公選法違反(買収)事件
 高知県警捜査2課が10月20日、東京・永田町にある衆院第一議員会館の五島議員事務所を家宅捜索
 高知県警は押収資料を分析(矢吹容疑者の指示や金の流れなど)
 矢吹容疑者が衆院選公示後の9月上旬、五島議員と民主党への投票を依頼するなどの選挙運動をした報酬として、高知市内で団体職員谷口靖彦容疑者(31)ら運動員3人に現金数十万円を渡した疑い
 矢吹容疑者は「現金は渡したが労務に対する正規の支出」と買収目的を否認
 谷口容疑者らは公選法上、報酬を受け取れない無届けの運動員だった
 谷口容疑者は容疑を認めている

○議員辞職の選挙区の今後
 比例代表四国ブロック
 同ブロック次点の高井美穂氏が繰り上げ当選する見通し
 
○高井美穂氏のプロフィール(衆議院議員 民主党 比例区四国ブロック選出)
1971年11月30日 徳島県三好郡三野町生まれ
1994年   早稲田大学第一文学部卒業後(株)ダイエー入社 
2000年   衆議院議員選挙に民主党公認で徳島2区から出馬するも落選
2003年   衆議院議員選挙で小選挙区で次点も比例区で復活当選  
2005年   郵政民営化法案採決時は産休のため欠席
  〃     衆議院議員選挙で次点

衆議院総選挙で国会議員になったにも関わらず、数ヶ月で2人の議員の辞職とは。
なんともお粗末な感じがする。



民主党の新体制も期待はずれ。。。。。
posted by ちゃえ at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

西村議員、弁護士会は懲戒処分も

西村真悟・民主党衆院議員(57)に弁護士法違反事件。
大阪地検特捜部によると、西村議員が、自分の法律事務所元職員鈴木浩治容疑者(52)(逮捕)に名義を貸しをした疑い。
又、非弁活動(無資格の弁護士活動)を容認するなどしていた疑い。
組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益等の隠匿)の疑い。
大阪府警と合同で、西村議員と政策秘書(47)らに対し、同法違反容疑(名義貸し)で強制捜査に着手する方針。

この事件内容は〜
・鈴木浩治容疑者(52)の非弁活動は少なくとも百件前後
・報酬も相当額にのぼる
・報酬は折半していた模様
経過は〜
・平成十年、鈴木容疑者を「西村真悟法律事務所」の職員に採用(政策秘書の紹介)
・鈴木容疑者の要望で事務所を大阪府堺市から大阪市内に移転
仕事内容は〜
・交通事故の保険金請求や示談交渉などを行う
・依頼人から保険金などの10%を受け取る弁護士報酬を折半する取り決め

民主党の対応は〜
・前原代表、鳩山由紀夫幹事長ら党幹部が協議
・議員辞職を求める方針を決定
鳩山氏のコメントは〜
・「議員を辞すのが筋だ」と明言

YAHOO!NEWSより〜
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/shingo_nishimura/?1132968674

(プロフィール)
昭和23年7月7日 大阪府 堺市生まれ
・父 西村 栄一 民社党第2代委員長
・京都大学 法学部 卒業  〜 弁護士 〜
・平成5年衆院選初当選
大阪府第17選挙区(堺市)現在5期目

(現在の役職)
・衆議院
安全保障委員
北朝鮮拉致対策特委員
裁判官訴追委員
・民社協会副理事長
・「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」幹事長

続いている民主党の不祥事とは〜
・9月に小林憲司前衆院議員が覚せい剤取締法違反の現行犯逮捕
・10月25日には計屋圭宏前衆院議員が公選法違反容疑で逮捕
・過去4年間で24人の逮捕者

党再生を目指す前原執行部としては「(強制捜査など)大きな変化が生じる場合には厳正に臨む」(鳩山氏)必要があると判断した。

  <阿漕が浦に引く網>


私の感想は。。。。
posted by ちゃえ at 11:32| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。