<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2009年01月04日

永田寿康元議員が自殺 遺書も見つかる



 偽メール問題で平成18年に議員辞職した永田寿康・元民主党衆院議員(39)が3日午後6時半ごろ、北九州市八幡西区の11階建てマンションの駐車場で倒れているのを住民が見つけた。病院搬送されたが、まもなく死亡が確認された。八幡西署は飛び降り自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

 同署によると、マンションの10階と11階の間の踊り場に永田元議員が置いたとみられる遺書があったという。

 永田元議員は東大卒で大蔵省に入省。平成12年の衆院選で千葉2区から出馬して初当選し、当選3回だった。18年2月の衆院予算委員会で、当時のライブドア社長が自民党幹事長の次男への送金を指示したとするメールを取り上げたが、メールは偽物と判明。民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、同党の前原誠司代表(当時)らが引責辞任。自身も18年4月に議員辞職した。

 昨年7月には、17年8月の国政報告会で創価学会が不正な選挙活動をしたとの偽った発言をしたとし、千葉簡裁から名誉棄損罪で罰金30万円の略式命令を受けていた。県警によると、永田元議員は昨年11月中旬にも、療養中の福岡県宗像市の保養施設を抜け出し、手首を切って自殺を図っていたという。
<その時、私が思ったことは・・・・・ >
ラベル:永田元議員
posted by ちゃえ at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

永田前議員の辞職で歳費ニ重払い

●辞職した永田寿康前衆院議員と、後任の繰り上げ当選者に歳費支払い
 法律では、議員の資格がある月の歳費の全額支払いを規定
 4月に辞任した永田前議員に歳費受け取り資格がある
 後任の当選者にも権利がある
 (比例代表南関東ブロックの月内に繰り上げ当選の池田元久前衆院議員ー民主)
 衆院議員としての4月分の歳費などが、二人に230万円がそれぞれ支払われる
  (歳費130万1000円と文書通信交通滞在費100万円)

●国会議員の歳費法
 「辞職の場合、その当月分までの歳費を受ける」
 「任期が開始する当月分から歳費を受ける」

・永田氏は、3月31日に辞職願を提出 
  本会議で辞職が許可されたのは今月4日
  これによって、未活動の4月分も支払う事になる
  公選法上寄付行為とみなされる恐れがあるため、返還も困難



衆議院議員の歳費はドンブリ勘定。。。。。。
posted by ちゃえ at 18:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

前原民主代表、ついに引責辞任へ

●31日午前、党幹部や関係者らに伝える
 「代表をいったん辞めて身を引き、再起を期す」との考え
 永田寿康衆院議員(党員資格停止中)が引き起こした責任を取るもの
 問題の調査報告書がまとまった段階で辞意を表明
 執行部も総退陣

●前原氏が辞任の意向を固めた理由
 永田氏が議員辞職しないまま、偽メール問題の決着が長引く危険性
 その事で民主党自体が世論から見放される恐れ
 党内でも前原氏への批判が高まる恐れ

●後継代表選
 4月中に実施
  小沢一郎・前副代表や菅直人・元代表らの出馬が予想

●永田議員も辞職願い
 「これ以上の混乱を避ける意味で、この判断(辞職)が正しいと理解した。もっと早い段階で辞職していれば日本の受けたダメージを小さくすることができたと言われれば、確かにそうかも知れない」と述べた



 益々、混迷の極み。。。。。。
posted by ちゃえ at 13:52| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(8) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

偽装メール仲介者は西沢孝氏

●衆院懲罰委員会(24日午前)で、偽装メールの発信者を明かす
 永田寿康衆院議員が情報仲介者とされる元記者について証言
  これまで名前を伏せてきたが、偽物の情報をつかまされ、友好な信頼関係はない。
  『西沢孝』という方だ。私が取材を受けたデュモンという会社の役員」
  昨年11、12月ごろ、42万円を支払った
   西沢氏の関係する会社が出版した雑誌の購入費として
 自らの進退については
  議員辞職を改めて否定



  情けない永田議員。。。。。。
posted by ちゃえ at 11:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

永田議員は22日に弁明聴衆

●衆院懲罰委員会 22日に永田氏の弁明聴取
 「偽メール」の永田寿康衆院議員(民主党の党員資格停止中)の審査
 「反論する機会などを持たない民間人(武部自民党幹事長の二男)に対する誹謗(ひぼう)中傷は極めて悪質であり、国会議員にあるまじき行為だ」と指摘

・各党の理事会
  永田氏本人に対する各党の質疑も23日か24日
  メールを仲介した元記者に対する証人喚問を行うかどうかは不透明

・懲罰
  除名、登院停止、陳謝、戒告の4種類

  与党内では、最も長い「30日間」の登院停止を求める声が強い

<掲載関連記事>
 懲罰動議とは
 除名とは



 永田議員の懲罰。。。。。。
posted by ちゃえ at 14:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

民主・全国幹事長会議

●4日,民主党の全国幹事長・選挙責任者会議開催
 前原代表 地方組織に陳謝
 「全国の党員にも多大な迷惑を掛けた」
 地方代表の意見
 「(執行部は)けじめをつけたと言うが納得できない。体制を一新してほしい」
 前原氏の辞任や永田寿康衆院議員の辞職を含めた対応を求める意見が続出 
4日民主党.jpg
民主党本部で開かれた、全国幹事長・選挙責任者会議であいさつする前原代表



 
民主党の新しい国対委員長は、調整型。。。。。
posted by ちゃえ at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

永田議員の懲罰2日付託へ

●民主党の永田寿康衆院議員に対する懲罰動議について(1日付け)
 自民、公明両党は、2日の衆院本会議で衆院懲罰委員会への付託を議決する方針

 衆院議院運営委員会の筆頭理事間協議で、2日に議決を行うよう求めた
 民主党も受け入れた
 共産党も付託に賛成する方針
 2日に懲罰委員会への付託が決まる見通し

 与党内では、懲罰動議の中身について、最も重い除名処分を求める声が強い
 自民、公明両党の幹事長・国対委員長らの協議
 「懲罰は一番高いレベルにしないと問題がある」との意見が多数

<小泉首相>1日夜
 除名は議員にとって死刑宣告みたいなもの
 どの議員も国民から選ばれており、そういう民意も尊重
 よく慎重に考えなきゃいけない

 民主党の前原代表について
  人間、誰でも過ちはあるから、過ちを反省して出直せば、いい経験になる
  失敗を今後の成長の糧にして頂きたい

 首相の慎重姿勢を受け、議員辞職勧告決議案を提出する考えも
  自民党内では懲罰とは別に提出
  「永田氏の責任への意思表示をはっきりさせるため」(幹部)

●自民党が公開質問状
  民主党と永田氏あて
  〈1〉メールの真偽
  〈2〉「3000万円が武部自民党幹事長周辺に流れた」と民主党が指摘したことへの謝罪
  〈3〉武部氏と二男の名誉回復措置
 2日正午までに回答するよう要求

●民主党の回答
  全面降伏の回答
  〈1〉メールの真偽は、「本物ではない」とした党声明の通りである
  〈2〉武部自民党幹事長の二男への送金疑惑は、論拠が消滅したと理解する
  〈3〉武部氏と二男の名誉回復措置として、国会などで改めて謝罪する
  鳩山幹事長名の回答書を自民党に提出


<掲載関連記事>
 懲罰動議とは
 除名とは



 

懲罰動議問題で、公明・冬柴氏が面白い発言。。。。。
posted by ちゃえ at 12:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

野田氏の後任、難航

●鳩山由紀夫幹事長 午前中東京都内で記者団に対して
 大事な通常国会を乗り切らなければならず、経験のある方にお願いしたい
 できれば今日中に決めたい

 国対幹部経験者などを軸に早急に人事を固め、混乱の収拾を図りたい考え

・野田氏のコメント
 こういう事態になったことをおわびしたい
 後任は速やかに決めていただけると確信している

 野党国対委員長会談でも、自らの辞任に至った事態を陳謝

●後任問題
 菅直人元代表に就任を打診したが、菅氏は固辞
 その他名前が挙がっている方々
  平野博文総合調整局長
  細川律夫・衆院予算委員会筆頭理事
  その他数人

   3・1民主.jpg 
   民主党・臨時常任幹事会(2月28日) 前原誠司代表(中央)ら民主党幹部

<掲載関連記事>
 永田氏は党員資格停止処分 野田氏辞任



 
民主党の面々は、元自民の面々。。。。。。。
posted by ちゃえ at 12:57| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(10) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

永田氏は党員資格停止処分 野田氏辞任

●永田寿康氏 記者会見で陳謝
 鳩山由紀夫幹事長と野田佳彦国対委員長が辞意を示す
 前原誠司代表らは強く慰留し、鳩山氏は辞任を断念
 党幹部は「前原−鳩山体制」は維持
 野田氏辞任は避けられない
 永田氏は議員にとどまる
 半年間の党員資格停止処分
 国会対策の責任者である野田氏の引責辞任
 「多くの皆さんにご迷惑を掛け、国会を混乱させたことをおわびする」と陳謝
<掲載関連記事>
 永田議員の今後の進退問題 
 折り紙付きガセネタ狼中年は休養へ 
 永田議員 辞職を決断か
 疑惑メールの追及はわずか10分間 
 永田爆弾発言後の民主党役員会
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意
 前原誠司 プロフィール



野田氏の引責辞任で幕引きか。。。。。
posted by ちゃえ at 16:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(24) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

永田議員の今後の進退問題

●民主党の危機管理能力は最低
 未確認情報を国会の場で質問させた
 信ぴょう性についての裏づけを確認していない
 党首討論後の民主党の対応
  永田議員の辞意会見をキャンセル
  進退問題を後回し
  永田議員が入院
 問題をすべて後回し
  永田氏だけの辞任だけでは済まない「辞任ドミノ」
  執行部の引責辞任を避けたい民主党
 党内の不穏な動き
  前原体制に不満をもつ議員
  秋の代表選を控え現時点では静観
  (水・下の動きは読み取れない)

 永田寿康衆院議員と党見解発表という「陳謝セット」
  前原体制そのものの存続を最優先
  永田議員の進退は依然として焦点

 26日 テレビ朝日の番組
  前原氏は、司会の田原総一朗氏からメールの情報提供者を何度も問われる
  「報告を受けております」と硬い表情で「官僚答弁」を6回繰り返し
  
<掲載関連記事>
 折り紙付きガセネタ狼中年は休養へ 
 永田議員 辞職を決断か
 疑惑メールの追及はわずか10分間 
 永田爆弾発言後の民主党役員会
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意
 前原誠司 プロフィール



揺れ動く民主党幹部の思い。。。。。
posted by ちゃえ at 09:46| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(17) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

折り紙付きガセネタ狼中年は休養へ

●永田寿康衆院議員(36)の進退
 22日夜には、野田氏に辞意を漏らす
 23日夜は鳩山氏・野田氏に辞職をしない意向
 民主党は緊急の役員懇談会を開き、対応を協議
 その結果、休養させることで結論を先送り
●永田メールについて
 「自分の思い込みがあり、国民や党に対しおわび申し上げたい」
 国会で取り上げた自らの行動の誤りを認め、陳謝
 執行部は休養で事態を沈静化させたい考え
 一連の対応をめぐり、党内には執行部の責任論が浮上
  (同党は異例の混乱状態)
●23日夜の役員協議後の鳩山氏
 彼自身の思いもいろいろと揺れ動いている。
 睡眠不足もあり、極めて不安定な状態にある。

<掲載関連記事>
 永田議員 辞職を決断か
 疑惑メールの追及はわずか10分間 
 永田爆弾発言後の民主党役員会
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意
 前原誠司 プロフィール



ドタバタ民主党の結論は、これでいいのか。。。。。
posted by ちゃえ at 08:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

永田議員 辞職を決断か

●辞職を決断か
 メールの信ぴょう性について立証することができず
 引責は避けられないとの判断
 23日午前にも党幹部と自らの責任問題を協議して進退を最終的に決断
 記者会見を開き今後の対応を説明する見通し

●野田佳彦国対委員長の場合
 国対委員長職の辞意を漏らした
 野田氏が辞任した場合、前原誠司代表の責任問題に発展しかねない
 委員長職にとどまる方向

☆追記(23日14時発信)
 永田議員の記者会見は中止の模様
 辞職問題は、鳩山氏に一任
 幕切れは、民主党らしいか

<掲載関連記事>
 疑惑メールの追及はわずか10分間 
 永田爆弾発言後の民主党役員会
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意
 前原誠司 プロフィール



午前中に役員会、それから記者会見。。。。。。。
posted by ちゃえ at 10:02| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(10) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

疑惑メールの追及はわずか10分間

●注目の党首討論
 討論の時間は45分間
 堀江メールに関しては、最後のわずか10分

●前原代表
 メールの信ぴょう性は高い
 国政調査権発動とセットで新たな資料を公表
 討論の場では提示なし

「さまざまな情報から資金提供がなされたのではないかとの確証を得ている」
 具体的な金融機関名と口座番号を公表すると主張
●小泉首相
 国政調査権の発動に慎重姿勢
 
「国家権力の行使は極めて注意深く慎重にしなければならない」
     2・22党首討論.jpg
<掲載関連記事>
 永田爆弾発言後の民主党役員会
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意
 前原誠司 プロフィール



これで幕引き。。。。。。
posted by ちゃえ at 19:44| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(14) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

永田爆弾発言後の民主党役員会

●民主党の役員会(21日・国会内)
  民主党の役員会のムードはどことなく暗い
 (左から)前原誠司代表
      鳩山由紀夫幹事長
      松本剛明政調会長
      野田佳彦国対委員長
   民主党.jpg
 メール問題で、前原代表は、事実解明には国政調査権の行使が必要との認識を改めて示す
                     (時事通信社)10時37分更新

<掲載関連記事>
 永田議員は新情報提示ができるのか
 「堀江 3000万円振り込めメール」の真意



映像からすると、手詰まり感が否めないのでは?。。。。。。。
posted by ちゃえ at 11:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(14) | 永田議員メール問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。