<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2009年09月09日

第45回衆議院選挙が終わりました

今回の選挙は、大きな風が吹きました

  「政権交代」

この風は、国民の民意なのだと思います

単に「民主党」が、次の政権を担えると考えていた有権者はわずかだったと思います
その思いよりも、「自民党にノー!」と、叫びたかった有権者の風が、民主党のキャッチフレーズにはまってしまったのではないでしょうか?!

今、民主党は新しい政権担当としての船出を始めました

219418_c185.jpg連立問題では、外交・安保政策の隔たりが大きい
なかなか社民党・国民新党との折り合いがつきせん
特に、社民党との溝は埋まる可能性すらありません
これは、当然の流れだと思います
理念が違うのですから、折り合う事などありえないのです

どちらかが、妥協しなけではならないのですから

社民党とすれば、
  自公政権の10年間の二の舞だけは避けたい
  絶対に独自色を崩したくない
と言う思いなのでしょう


ここの妥協策が、今後の政局の運命を担う大きな火種になってしまうかもしれません


<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

最近の選挙情勢に物申す

間もなく、2009年の衆議院選挙が投票日を迎える

昨今の報道に対して、不満がある
どうして、一方的な報道になってしまうのか?!

確かに自由民主党の政治は、企業にとっての最大なるバックだったと思う
何を根拠に、と言う声も聞こえる事は事実
民衆からする最たるものは、公害ではないだろうか
あくまでも企業側の自由民主党は、その事実をひた隠しにしてきた

では、民主党はどうなのだろうか?!

その最たるメンバーは全て自由民主党の残党だ
残党という表現には無理がある
何故なら自由民主党は現存しているからだ
残党と言う表現にしたのは、ほとんどが自由民主党出身の議員だという事実
決して、新しい議員の集まりではない
逆に、自由民主党からはみ出した面々だ
尚且つ、その他の政党も民主に合流した
政策的に合意は難しい事が多い中、2大政党への夢を追いかけた
アンチ自民で合意した面々だ
増してや、党首が2代続いて、献金疑惑とは情けないものだ


この二つに、何を期待できるのか?!
皆無だ


しかしながら、マスコミとしては‘政権交代’という言葉はツボにハマル
その言葉を連呼することで、マスコミは責任を持たない
何とも無責任な事だ

マスコミが作り上げた波は「民主へ!政権交代!」
しかしながら、4年前の‘郵政民営化’選挙ではでどうだっただろう
あんなに、それを支持していたのに、その波に乗って‘小泉チルドレン’まで誕生したのに、今は批判の矢面に立てている
本当に無責任だ

今度は、政権交代の波だ
節操が無いにもほどがある
自民を批判するなら、当時のマスコミの報道を陳謝するべきだ


庶民は冷静な目でこの総選挙に挑まなければ成らない
決してマスコミに踊らされる事無く、選挙に臨まねばならない

何故なら、空白の時間を絶対に作ってはいけないからだ

『政局よりも政策』という言葉は、全てを物語っている

二者選択ではない

国民の冷静は判断に期待する
posted by ちゃえ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

草川氏の繰り上げ当選決定


 
平成19年参院選比例代表の選挙会は11日午前、次期衆院選へのくら替え出馬を表明した公明党の遠山清彦前参院議員の議員辞職に伴い、同党の名簿次点だった党副代表の草川昭三氏の繰り上げ当選を決めた。中央選挙管理会は12日の官報で告示し、当選証書を渡す。任期は25年7月28日まで。

 草川 昭三氏(くさかわ・しょうぞう)名古屋市立第一工業学校(現市立工芸高)卒。衆院議員、党国対委員長。80歳。名古屋市出身。

posted by ちゃえ at 10:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公開討論会、麻生氏が次期首相なら他候補に“入閣要請”も

公開討論会、麻生氏が次期首相なら他候補に“入閣要請”も
9月12日14時17分配信 読売新聞


5氏の討論会.jpg自民党総裁選に立候補した麻生太郎幹事長、小池百合子・元防衛相、与謝野馨経済財政相、石原伸晃・元政調会長、石破茂・前防衛相の5氏による公開討論会が12日、東京・内幸町の日本記者クラブで行われた。

 選挙戦を優位に進める麻生氏は、次期首相に選ばれた場合、他の候補への入閣要請を検討する考えを表明した。

 麻生氏は、「私たち(5候補)は、総裁選が終わったら、まとまって野党と戦わなければならない。(新政権は)一致結束、適材適所だ」と述べた。

 衆院解散・総選挙の時期について、麻生氏は、新内閣の支持率などをみて、最終判断する考えを示した。小池氏は「2代(の首相)にわたって民意を問うていない。タイミングは出来るだけ早い方がいい」と述べた。石原氏は「総合経済対策(の裏付けとなる補正予算案)を野党との話し合いで通して解散するのがベストの選択だ」と語った。与謝野、石破両氏は、来年9月の衆院議員の任期満了選挙が望ましいとの認識を示した。

 麻生氏は、外交・安全保障政策に関し「最も重要な国は米国だ。インド洋での(自衛隊の)給油活動は続ける」と強調した。自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法制定について「努力をすべきだ」と述べた。

 基礎的財政収支を2011年度に黒字化する政府目標については、「前提条件が変わってきている。手段であって目的ではない」と先送りを示唆した。社会保障費の伸びを毎年2200億円抑制する政府方針についても「ほぼ限界に来ている」と語った。定額減税など景気対策の財源について、「私は赤字国債発行と言ったことは一度もない。特別会計の積立金で使えるものは使ってもいい」と述べた。


ラベル:麻生氏 総裁選挙
posted by ちゃえ at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

【自民総裁選】5氏が渋谷駅前でそろい踏みで遊説スタート

【自民総裁選】午後に全国遊説スタート 5氏が渋谷駅前でそろい踏み
9月11日10時37分配信 産経新聞


 自民党総裁選(22日投開票)に立候補した石原伸晃元政調会長(51)、小池百合子元防衛相(56)、麻生太郎幹事長(67)、石破茂前防衛相(51)、与謝野馨経済財政担当相(70)の5候補は11日午後、党本部での立会演説会で、党所属国会議員に支持を訴える。この後、5氏はそろって東京・JR渋谷駅前で街頭演説を行い、全国遊説をスタートさせる。
 与謝野氏は11日午前、街頭演説について「大学の講義のような演説ではなく、瞬間、瞬間で自分の考えを伝えるチャンス。私も持ち味を生かして頑張りたい」と都内の自宅前で記者団に語った。5候補は今後、全国遊説のため東京を離れることが多くなることから、立会演説会に先立つ11日午前、議員会館の党所属国会議員の事務所を精力的に回るなどして、支持の訴えに余念がなかった。
 自民党は今回の総裁選を、近く予想される衆院選の前哨戦と位置付けている。5氏そろい踏みによる街頭演説を、昨年の総裁選での全国4カ所から17カ所へと大幅に増やしたが、これには自民党への有権

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
ラベル:総裁選
posted by ちゃえ at 10:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金総書記重病説 日本政府「真相分からない」

金総書記重病説 情報収集に限界 日本政府「真相分からない」
9月11日9時51分配信 産経新聞


 北朝鮮の金正日総書記が重病の可能性があると報じられていることについて、日本政府は「報道は承知しているが、インテリジェンス(情報)にかかわることなので、否定も肯定もしない」(高官)という立場だ。ただ、実際は報道内容を確認する手だてを持たず、情勢を注視しているというのが実態のようだ。
 「現時点で『真相はこうだ』と確信を持って言える人は(関係各国の)どこにもいない」
 外務省幹部は10日、記者団にこう述べ、事実関係を把握できていないのは日本だけではないと強調した。ある政府関係者は「金総書記の病気の話は以前から何度もあったが、今回の報道は寝耳に水だった」と驚きを隠さない。
 政府は現在、関係各国などから情報収集を続ける一方、金総書記が異例の欠席をした9日の建国60周年閲兵式の映像などの分析を進めている。だが、日本は統一された情報・諜報(ちょうほう)機関を持っておらず、限界がある。
 また、建国60周年の記念行事に参加するため、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部らが多数、北朝鮮に帰国中であることも影響している。「彼らから話を聞けず、余計に情報収集・確認が難しくなっている」(公安筋)からだ。
 それでは仮に、金総書記の重病説が事実だった場合はどうなるか。政府は「北朝鮮が重大決定をできるかどうかに注目している。6カ国協議にも影響が出る可能性がある」(外務省幹部)と指摘する。
 一方で、北朝鮮が実施延期を通告してきた拉致問題の再調査など、日朝協議の行方に関しては「あれは北朝鮮はもう意思決定している話なので、それほど影響はないはずだ」(同)との見方を示す。別の政府関係者は「記念行事は滞りなく開けたわけで、北朝鮮の体制やあり方に変化はないのではないか」と話す。
 とはいえ、金総書記が死亡していた場合には、北朝鮮が今後、拉致問題などで従来の対応方針を改め、日朝関係が急展開する可能性もあり、政府は情勢を注視していく構えだ。


<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議員の過半数「麻生支持」、地方票獲得もカギ…

議員の過半数「麻生支持」、地方票獲得もカギ…読売調査

総裁選5人の記者会見.jpg 自民党総裁選(22日投開票)は10日、麻生太郎幹事長(67)(麻生派)ら5氏が立候補し、12日間の選挙戦が幕を開けた。

 読売新聞が同党所属国会議員を対象に投票動向を調べたところ、10日夜現在で、麻生氏支持は197人(51%)にのぼり、優位に戦いを進めている。与謝野氏支持は34人(9%)、小池氏支持は29人(8%)、石原氏支持は24人(6%)、石破氏支持は24人(6%)だった。まだ態度を明確にしていない国会議員も約2割いる。

(読売新聞)



<その時、私が思ったことは・・・・・ >
ラベル:総裁選 麻生氏
posted by ちゃえ at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

2008年9月 自由民主党総裁選挙

2008年9月1日の福田康夫首相の辞任表明を受け、党則第6条2項(総裁が任期中に欠けた場合には、原則として、前項の規定により後任の総裁を公選する。ただし、特に緊急を要するときは、党大会に代わる両院議員総会においてその後任を選任することができる。)に基づき9月22日におこなわれる「党大会に代わる両院議員総会」により自由民主党総裁が選任される。
日程
9月10日告示、11:00〜11:30 候補者届出、14:00〜 共同記者会見 
9月11日14:00〜 所見発表演説会
9月22日14:00〜 党大会に代わる両院議員総会(投・開票)


<その時、私が思ったことは・・・・・ >
ラベル:総裁選
posted by ちゃえ at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

亀井氏が「創価学会・矢野問題」で参考人招致

創価学会「矢野問題」、臨時国会で追及へ…亀井静香氏
          8月5日3時11分配信 読売新聞


国民新党の亀井静香代表代行は4日、読売新聞のインタビューに応じ、矢野絢也・元公明党委員長が政治評論家活動中止の強要などの人権侵害を創価学会から受けたとして提訴した問題について、「当然、臨時国会で取り上げざるを得ない。言論封殺の指摘があった以上、民主主義の観点から事情を聞く必要がある」と述べ、臨時国会で矢野氏の参考人招致などを求める考えを示した。

 亀井氏は衆院解散・総選挙の時期については、早期解散の可能性を指摘した。

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 07:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

燃料補助が足りない?!

燃料代補助「少なすぎ」東北の関係者反発
          7月29日6時12分配信 河北新報


 農水省が漁船燃料の価格高騰対策で28日示した緊急支援策に、東北の漁業基地からは実効性をいぶかる声が上がった。
漁業者が声高に求めてきた燃料代補助が盛り込まれたものの、補助枠は80億円と極めて少額。
多くの漁業関係者は「補助はほとんど行き渡らない」と見ている。

 独自に1キロリットル当たり1000円の燃料補助を決めた遠洋マグロ基地・気仙沼市。鈴木昇市長は「条件付きながら補助を決めたことに感謝する」と評した。

 ただ、こうした声は限定的で、ほとんどの漁業者は補助額の少なさに不満を漏らす。

 支援策の総額約745億円のうち200億円は省エネ機器導入への無利子融資に充てられる。
イカ釣り船約800隻が所属する青森県小型イカ釣り漁業協議会の森長保副会長は
 「設備投資できる余裕がある漁業者は少ない。無利子と言っても借金であることに変わりはない。助けにならない」
と切り捨てる。

 大間漁協(青森県大間町)の浜端広文組合長も
 「これだけの予算を付けるなら、1リットル当たり20円でも30円でも援助するのが弱者への政策だ」
と憤った。

 「80億円の補助はすずめの涙。ほとんどの漁業者は受け取れない」と怒るのは宮城県漁協の木村稔経営管理委員会長。
補助基準額(1キロリットル当たり8万6000円)そのものが既に燃料高騰後の価格である点に触れ
 「本来なら6万円程度が採算ライン。仮に補助を受けても苦しいことに変わりない」
と指摘する。

 今回の支援策には、直接補てんより漁業の体質強化を優先させたい政府の姿勢が色濃くにじむ。
木村氏は
 「原油市場への投機マネー流入など経済失政のつけを、なぜ漁民が払わなくてはならないのか」
と、あらためて怒りをあらわにした。

最終更新:7月29日6時12分

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
ラベル:価格高騰
posted by ちゃえ at 09:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

厚労省はネットカフェらしい

パソコン不適正使用 厚労省、処分検討も
          7月15日8時1分配信 産経新聞


 厚労省職員による官用パソコンのあきれた使用実態について、舛添要一厚労相は14日、「職務中に(お笑いやゲーム情報の閲覧を)すべきではないので、きちんとルールをつくる。不適正な使用が把握されれば注意喚起をしていく。厳正に職務に専念しなくてはいけない」と述べ、今後、業務パソコンの使用に関してさらなるルールをつくる考えを明らかにした。

 また、町村信孝官房長官は同日午前の会見で「公用パソコンを業務外に使用するということはまさに国民の信頼を損ねるものだ。厚労省からは、不適正な実態があれば職員の処分も検討すると聞いている」と述べ、今後の調査結果によっては処分に発展する可能性に触れた。

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

洞爺湖サミット 開幕

【洞爺湖サミット】拡大?縮小?岐路に立つサミット
          7月7日22時35分配信 産経新聞


サミット.jpg 7日開幕した主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を契機に、参加国の枠組みをめぐる論戦が本格化している。フランスや英国が、現行の主要8カ国(G8)では地球規模の問題に対処できないとするのに対し、日本や米国は現状維持を譲らない。米国では「先進民主主義国による会合」との原点回帰を求め、G8からロシア除外を主張する“純化論”さえある。日本も、拉致問題など自国が直接かかわる問題だけではなく、世界各地の人権や民主主義など「共通の価値」を積極的に取り上げていく構えだ。拡大か純化か、サミットは今、岐路に立っている。

ウインザー.jpg サミット拡大論に関しては、フランスのサルコジ大統領が中国やインドなど5カ国を加えた「G13」を主張しているほか、ブラウン英首相も中印の参加を唱えている。8日のG8首脳会合では、英仏両首脳が自由討議の場でこの問題を取り上げるとみられる。

室内.jpg 英仏両国が拡大論を主張するのは、主要議題となる地球温暖化や世界経済の問題で、中印などの経済新興国にも責任を負わせたいとの考えからだ。一方、米国はジョンドロー国家安全保障会議(NSC)報道官が7日、「(拡大論を)米国は支持しない」と明言した。日本も反対の立場だ。

 1975年の第1回サミットは、日米英独仏伊の先進工業・民主主義国6カ国で始まった。このため、サミットの参加条件を「先進工業国」だけではなく、「民主主義国」であることに求める動きも根強い。米共和党の大統領候補に内定したマケイン上院議員は6日、「市場経済、民主主義の主要国によるクラブとすべきだ」として、ロシアの除外とインド、ブラジルの新規加入を主張している。

 町村信孝官房長官も7日の記者会見で「基本的には先進民主主義の国が基本だ。拡大するとサミットの意味合いが変わってくる」と指摘し、非民主主義国である中国はサミット参加国にふさわしくないとの見解をにじませた。

 ただ、福田康夫首相自身は、自由、民主主義、法の支配など共通の価値観を持つ国々との連帯を目指す「価値観外交」を提唱した安倍晋三前首相とスタンスが大きく違う。中国の人権問題についても「(日本は)そんな偉そうなことを言える立場なのか」と述べており、“純化”を推進することには慎重だ。

ロボット.jpg また、サミット拡大に反対する一方で、主要議題に地球温暖化問題を据えた日本の手法は、矛盾をはらんでもいる。G8の枠組みで温室効果ガス削減に合意しても、二酸化炭素排出量が世界全体の19%に上る中国など新興経済国が合意しなければ、効果は限られるからだ。実際、ブッシュ米大統領は6日の福田首相との共同記者会見で、「中国やインドが私たちと同じような要求を共有しなければ、問題解決はできない」と指摘している。

 福田首相は、「サミット拡大反対」と「地球的課題への対処」という矛盾する課題を抱えたまま、議長国として難しいかじ取りを迫られることになる。(杉本康士)




posted by ちゃえ at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

居酒屋タクシーの行方は

1402人が金品受領=33人を懲戒処分−調査結果を公表・接待タクシー
          6月25日17時1分配信 時事通信


 中央官庁の職員が深夜にタクシーで帰宅する際に運転手から金品を受け取っていた問題で、町村信孝官房長官は25日、
受領したのは17省庁・機関の1402人だったとする内部調査の結果を公表した。
このうち3人が現金を、55人が金券をそれぞれ受け取っており、残りはビールなど物品だけだったとしている。
政府は、33人を国家公務員法に基づく懲戒処分とし、118人に各省などの内規による訓告・厳重注意などを行う。
 記者会見での町村長官の説明によると、金品を受領した職員が最も多かったのは、財務省の600人。
このうち、主計局係長級の職員は、約5年間で200万円相当の現金や商品券の提供を受けており、同省はこの職員を3カ月の停職とした。
次いで農水省(197人)、国土交通省(173人)、文部科学省(106人)の順で多かった。
金品を受領した職員がいなかったのは宮内庁、会計検査院、内閣法制局の3機関だけだった。 

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 09:56| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

国交省 4月のタクシー券利用半減

国交省「無駄遣い」一転、タクシー券利用半減…批判で自粛
6月22日3時2分配信 読売新聞


 道路財源の無駄遣いに対する批判が相次いだ国土交通省で、今年4月に支出したタクシー券代(出先機関や外局を含む)が、前年同月に比べ半減していることがわかった。

 中でも、関東地方整備局の道路部では1000分の1に激減した。職員が使用を自粛したとみられる。深夜帰宅の際に運転手からビールや商品券などの提供を受ける「居酒屋タクシー」の問題も中央省庁で発覚する中、これまでの支出の適正さが問われることになりそうだ。

 国交省によると、全国8か所の地方整備局、海上保安庁などの外局を含めた今年4月のタクシー券代は、国会会期中だったにもかかわらず計約9500万円で、前年同月(約1億8000万円)の52%にとどまった。単純平均では、本省職員1人あたりの月使用額は2万4000円から1万6000円に、本省以外も1300円から450円にそれぞれ減少した。

 同省では、全体の職員約6万3000人が06年度に使用したタクシー券代は総額24億3000万円。このうち、本省職員約4100人の使用額はほぼ半分の約12億4000万円だった。

 一方、地方整備局で最も大所帯の関東地方整備局の道路部(職員116人)は、昨年度はタクシー券代として道路財源などから計約4200万円を支出。出先機関でタクシー利用額の多い職員上位10人のうち7人を同部が占めた。

 しかし今年度は、4月のタクシー券代はゼロ、5月も、8日未明に起きた茨城沖地震で急きょ出勤した職員2人が計7360円を支出しただけ。2か月間で、前年の月平均の支出額約350万円に比べ1000分の1になった計算になる。

 タクシーの利用が減った反面、職場のソファなどで朝まで仮眠するなどした同部の職員は2か月で延べ約250人いたという。

 同省のタクシー券を巡っては今年3月、一部の地方整備局に使用規定がないなどの実態が国会で判明。02〜06年度の支出総額は約132億円に上り、一般会計から約51億円、道路財源などの七つの特別会計から約81億円が支出されていたことが明らかになった。

 同省幹部は「批判を浴びるぐらいなら、終電前に帰宅したり、朝まで仮眠したりして、タクシー券使用を控える空気が強い」と話す。

最終更新:6月22日3時2分

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

朝日「死に神」報道に法相激怒 

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」
          6月20日11時12分配信 産経新聞


鳩山法相.jpg今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」とした。
 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と朝日新聞の報道姿勢を批判した。



<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

冬柴国交相、タクシーチケット停止

国交省 タクシーチケット2カ月停止
            6月14日8時1分配信 産経新聞

 道路特定財源を使ったタクシー帰宅や中央省庁職員が深夜タクシーで“接待”を受けていた問題を受けて冬柴鉄三国土交通相は13日、本省職員約4000人を対象にタクシーチケットを国会閉会後の今月23日から2カ月間使用停止にすると発表した。
冬柴国交相は「無駄遣いとの批判を受けている。タクシー利用の習慣を反省し改めるきっかけにしたい」と述べた。

 深夜残業を抑制し、やむを得ない場合は職員が料金を立て替え、後で精算して対応するという。

 国交省によると本省では13のタクシー事業者とチケット契約しており利用は1日約200件。
国会開会中や予算編成時、災害対応時などは1日300件以上にのぼり、平成18年度のタクシー費用は本省だけで12億4000万円にのぼった。

最終更新:6月14日8時1分
posted by ちゃえ at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

志位氏、民主など野党3党の審議拒否を批判

志位氏、民主など野党3党の審議拒否を批判
          6月13日7時32分配信 産経新聞

 共産党の志位和夫委員長は12日の記者会見で、審議拒否に入った民主、社民、国民新の野党3党が同日、衆院本会議を欠席したため、共産党と野党3党が共同で提案した後期高齢者医療制度廃止法案の審議入りが見送られたことについて「自ら提出した法案をボイコットするのは道理が立たない。党略の具にしか考えていない態度だ。国民の期待を裏切る無責任な対応だ」と批判した。

<その時、私が思ったことは・・・・・ >
posted by ちゃえ at 08:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

新テロ特措法が再可決に小沢代表が棄権

このニュースを聞いて、驚かなかったのは私だけではないはずだ。
小沢代表なら、やりかねない行動だど納得してしまう。
しかし、局面はそんなに簡単なものではない。
与野党激突の、最重要法案のはずだが、それを放棄したのは、実に小沢代表らしい。
自身の信念と相反したならば‘そんなの関係ねぇ〜!オッパッピー!’
これが小沢流だ。
これ以上、コメントの仕様が無いほど、実に小沢代表らしい!

昨年11月4日の、突然の『代表辞任会見』も同じようなものだ。
小沢氏とすればその時の感情以外、彼を動かすものは他に無い。
まるで我が儘坊主そのものだ。
この大きな我が儘息子の首に、鈴がつけられる立場の人間がいないのが大問題だと感じる。

<2007/11/4掲載記事>
小沢氏、民主党代表を辞任の意向

小沢代表、再可決前に退席=「常識ない」、民主内からも批判・・時事通信1月11日19時1分配信
posted by ちゃえ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

小沢氏辞任の真意は?!

安倍前首相が辞任した時に、痛烈に批判していた小沢氏。
この時期に考えられないと言っていた張本人が、全く同じ事をした。
安倍氏が、党首会談を申し得れた時、少なくとも小沢氏サイドは動かなかった。
今回の会談に対しては、再三に渡って
 「福田総理は誠意を持って会談してくれた」
と、言ってのけたが、安倍氏の誠意を受け入れもせずに拒否した態度には、わずかながら傲慢さを感じる。
福田総理と小沢氏は、年齢的にも因縁的にも、話題に事欠く事の無い二人だ。
マスコミも『平成の角福戦争』とはやし立てた。
それに乗って、何かが起こるのではと、私達も期待してしまったのも事実。
判っていながら不覚にも、マスコミの情報に乗ってしまった。
何とも情けないものだ。

以前、小泉前首相が「自民党をぶっ壊す」と言っていた。
そして今、小沢氏は「民主党をぶっ潰した」のだ。
壊し屋の異名を持つ小沢氏が取った行動は、万人には理解できない。
辞意表明をするまでは、党の代表だった小沢氏が、自らの意思で、
 今の民主党では選挙は勝てない
と、言ってのけた真意は、分立と読む。
参議院与党過半数の絶対数を引き連れて、民主党から飛び出ていくのではないだろうか。
そうなると、民主批判とも取れるような発言も、私的には納得ができる。
自らも衆議院議員なのだから、次の選挙で出馬するのだから、自分の当落にも関わってくる。
次の手の内は何か?
今後の報道が楽しみになってきた。
今、政界がとっても面白いと思えるのは、私だけだろうか?!
posted by ちゃえ at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

小沢氏、民主党代表を辞任の意向

福田総理と小沢代表の密室会談が、議論の的になっている今、小沢代表が辞意を表明した。
元々、小沢氏は自民党出身の『影の存在』だった。
又、沢山の政党が寄り集まった民主党だが、どこを切っても自民の顔が覗く。
この密室会談は、自民党内の会談のようだった。

自民が‘政治と金の問題’に対して消極的なのは、やましい所が多いからだ。
昔からの‘ドップリ金浸りの自民党’が、いきなり‘クリーンな自民党’になれる訳がない。
同じように、小沢氏も‘ドップリ金浸り’の政治家だ。
小沢氏を突っつけば、埃どころでは済まないのは、歴然の事実だ。
若手でやり手の民主議員としては、かなりやりにくかったはずだ。
金銭問題で自民を突っつけば、おはちが回ってくる。
どうにもやり難い状態だったはずだ。
そこに、今回の密室会談での『大連立』
提案したのは、やはり小沢氏だったようだ。
その事実を知って、党内からの突き上げに絶えられなかったのだろう。
求心力を失った小沢氏は、いつも同じ手を使う。
小沢氏はいつもそうだ。
気が短い。
まるで、ダダッ子のようだ。
自民を飛び出した時も同様だった。
そして、新進党をつぶした時が、一番の記憶に残った。
鶴の一声で、アッという間につぶしてしまった。
今回もいつかは、このような状態に陥るであろうと傍観していたが、やはり勘は当ってしまったようだ。

昨日(3日)の夕方から度々、中選挙区という言葉を耳にした。
これも小沢氏が口にしたらしいが、よく考えて欲しい。
中選挙区を小選挙区に変えた張本人は、小沢氏だ。
自民が有利に選挙ができるように変えた。
今になって中選挙区とは、空いた口が塞がらない。
自分の有利な状態に持っていくのが小沢流だ。
何とも、身勝手な政治家だとつくづく思う。

安倍氏が総理を辞任した時に、批難し続けたのは民主だ。
 政局が大事な時に、身勝手に辞めてしまうなど、言語道断だ
そう言って、批難していた。
今回の小沢氏の取った態度は、どうなのだろうか。
同じ言葉を贈りたいものだ。
批難したり反対したりする事は容易い事だ。
そうする立場なら、絶対に我が身に置き換えるような事があってはならない。
現状のような民主党に、政権を委ねる気持ちにはなれない。
政権政党と言う事は、責任政党になってくれなければならいはずだ。小沢氏、民主党代表を辞任の意向
posted by ちゃえ at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。