<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2006年12月26日

姉歯被告に懲役5年の実刑判決

耐震強度偽装の姉歯被告、求刑通り懲役5年実刑

ちょうど1年前の出来事だった。
まさか、耐震偽造という事が実際に行われていたとは。
最初の報道で感じたのは、大きな裏の力が働いた事によって、姉歯被告が行ったのだろうと感じていた。
構図的にはその予想は当っていると思っている。
しかし、当局はそこまでの切り崩しはできていない。
ここにも何かの圧力がかかったのだろうか。
大手の大成建設の名前も出ているのだから、そんな事はないと思うが。
不透明な部分が多いまま、それぞれの裁判は結審していくのだろう。
国民としては、どうも納得がいかないまま、蓋をされてしまった感は否めない。
posted by ちゃえ at 16:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

耐震強度偽装で初の提訴

●GS川崎大師住民が損害賠償の訴えを起こした
 元1級建築士姉歯秀次容疑者(49)=議院証言法違反(偽証)容疑で再逮捕=
  故意に耐震強度が不足する構造計算書を作成
 マンションを設計したスペースワン建築研究所(東京都港区)
  強度不足の設計図を作成
 施工業者の太平工業(同中央区)
  欠陥住宅を施工
 川崎市
  民間の指定確認検査機関「イーホームズ」が行った建築確認の事務責任

 建て替え費用など総額6億円以上の損害賠償を求める訴え
 耐震強度偽装問題で、マンション住民の提訴は初めて
 


どこまで法的に認められるのか。。。。。
posted by ちゃえ at 14:57| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

総研の詐欺容疑、立件を断念

●耐震強度不足のビジネスホテルの開業に携わった「総合経営研究所(総研)」
  詐欺容疑での立件を断念する方針
   全国で約240件のホテルの開業を指導
   姉歯被告が構造計算書を改ざんした物件は24件

●一連の捜査をほぼ終結させる見通し
  元1級建築士の姉歯秀次被告(48)を議院証言法違反(偽証)容疑で立件
  (建築士法違反の罪で起訴済み)





 一番の圧力をかけた張本人ではないのか。。。。。
posted by ちゃえ at 08:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

詐欺容疑でヒューザー・小嶋社長を逮捕

●小嶋社長を藤沢市の「グランドステージ(GS)藤沢」を巡る詐欺容疑で逮捕
  代金が振り込まれる前に、強度不足を認識していた点を重視
 「不作為の詐欺」
   重要情報を顧客に伏せたまま代金を受け取った行為

●「木村建設」元社長木村盛好容疑者(74),木村建設専務森下三男容疑者(51)を再逮捕
  奈良市の「サンホテル奈良」の工事代金の一部をだまし取った容疑
 「不作為の詐欺」
   重要情報を顧客に伏せたまま代金を受け取った行為

●内河健所長(72)からも近く本格聴取の方向
  総合経営研究所(総研)の関与の有無を解明するため



耐震偽造発覚から半年が経過。。。。。
posted by ちゃえ at 09:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ヒューザー債権者説明会

破産管財人の瀬戸英雄弁護士
「ヒューザーの資産価値を極大化して、賠償義務を果たすことが、公的支援による国民の負担を軽減することになる」と述べた

関係金融機関などに協力を求める発言
 
説明会にはマンションの被害住民らが次々と訪れ、約150人が集まった

     説明会.jpg




posted by ちゃえ at 14:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イーホームズ、来月末で廃業へ

●架空増資疑惑の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)
 5月末で指定機関業務を廃止する方針を表明
 同社ホームページで明らかにした

 国土交通省に対して役員が訪れ、取締役会で廃業を決めたことを口頭で伝えた
 国指定の検査機関が廃業するのは初めて

・廃業の理由を説明(決断の真意)
 「過去の増資に係る嫌疑により、私が立件されるという報道がなされた」
 「今後の事業運営の維持は困難だと取締役会で判断した」
 姉歯偽装物件98件中37件で構造計算書改ざんを見逃した事から業務が激減
 売り上げの8割以上を建築確認検査業務が占め、常時数千件の物件を担当
 発覚後、現在継続中の業務は約200件にまで落ち込んでいた



イーホームズ 発覚後の判断は。。。。。。。
posted by ちゃえ at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

イーホームズ 増資疑惑で指定取り消しへ

●建築基準法が規定する「不正の手段で(検査機関の)指定を受けた」ケースに該当する疑いが強いとして、指定取り消しに向けた手続きに入ることを決めた(国土交通省は20日)
 対象;民間の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)について
 ・2001年10月に架空の増資
  (資本金が5000万円以上に見せかけた公正証書原本不実記載の疑い)
  この架空増資で得た権利
   床面積2000〜1万平方メートルの物件の確認業務を行える
  藤田東吾社長(44)らから事情聴取
 
 ・姉歯秀次・元1級建築士の偽装を見逃したずさんな業務も問題点
   姉歯氏の偽装物件計98件のうち、37件の建築確認
   中には1階から最上階まで柱や梁(はり)の太さが同じという異常な構造
   構造計算書と構造詳細図の数値が食い違っていたりしたケース
  同社は完全に見逃していた



次々に着手、残るは「総研」。。。。。
posted by ちゃえ at 18:22| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(5) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

小嶋社長 詐欺容疑も視野に入れて聴取

●強度不足のマンション販売の「ヒューザー」小嶋進社長(52)から、来週中にも事情聴取
 ・「グランドステージ藤沢」の強度偽装を知りながら購入者に引き渡した疑い
 ・内部的に偽造発覚後、17戸を顧客に販売(10月28日)

 ・「木村建設」(破産)・「総合経営研究所(総研)」がかかわったホテルルートも詐欺容疑での立件を視野に捜査中

○宅地建物取引業法違反で免許取り消し処分
 東京都は今年2月、ヒューザーと販売代理会社「ジャスティホーム」に対して




陰に隠れてしまっている‘偽造マンション ヒュ−ザー’。。。。。
posted by ちゃえ at 09:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

姉歯元建築士の妻が飛び降り自殺で死亡

千葉県市川市富浜のマンション駐車場で飛び降り自殺
 28日午前5時50分ごろ、女性が血を流して倒れているのが見つかる
 マンション管理人が119番通報

 行徳署の調べ
  マンションなどの耐震強度を偽装した姉歯秀次・元1級建築士の妻(49)
  全身を強く打っており、約1時間半後に死亡
  マンションから飛び降りたらしく、同署は自殺とみて調べている
  遺書などはなかった
妻が病気がちだった事が引き金で。。。。。。
posted by ちゃえ at 17:07| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(7) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

ヒューザー 免許取り消し

●17日 ヒューザー(東京都大田区)に対する東京都の聴聞
 ヒューザー側は16日に「違法行為はない」とする陳述書を提出し、聴聞を欠席
 都の判断は宅地建物取引業法違反は明らか
 近く免許取り消しの行政処分を行う
 その後、刑事告発の手続きを進める

●東京都の判断
 昨年10月25日、七つのマンションについて、姉歯秀次元建築士による耐震偽造を把握
 承知後、耐震強度など細かい調査を行っていない
 小嶋進社長の指示
  「(民間検査機関から)検査済証が下りているので引き渡しは問題ない」
 同月28日にヒューザーと同社の販売代理会社が、物件を販売
 神奈川県藤沢市の分譲マンション「グランドステージ藤沢」の17戸を引き渡す

(1)偽装を認識しながら入居者に危険性を告げずに「完成物件」として引き渡した
(2)偽装判明後、入居者より売買契約解除を求められたが、これを拒否した−などの事実が重要事項の説明を義務付けた宅建業法に違反すると判断した
     
<関連記載記事>
 ヒューザーの破産申し立て



 トリノ五輪に隠れて薄くなっていたヒュ−ザーの処分。。。。。。
posted by ちゃえ at 09:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

伊藤元長官が政倫審で弁明

●23日、衆院政治倫理審査会(会長・瓦力元防衛庁長官)
 自民党の伊藤公介元国土庁長官に対する審査を行った

 ・概要
  国土交通省が偽装を公表する直前(昨年11月15日)
  ヒューザーの小嶋社長らとともに同省担当課長と面談
 
 ・伊藤公介元国土庁長官の言い訳
  話の中身が最初は分からなかった
  (偽装は公表まで)全く知らなかった
  国交省への働き掛けについても「一切していない」と否定
  国の責任を言ったかどうかは分からないが、問題の一つと認識




久しぶりに昔の代議士の答弁を彷彿させた。。。。。
posted by ちゃえ at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ヒューザーの破産申し立て

<被害住民がヒュ-ザーの破産申し立て>

●31日、東京地裁に破産を申し立てた
 偽装マンション約20件を販売した開発会社「ヒューザー」(東京都、小嶋進社長)に対して
  (1都2県 9マンション 309世帯の住民)

●申し立ての目的
 ヒューザーが所有する不動産や預金などの資産を保全
 住民側への補償を確保するのが目的

●一方同地裁の対応は
 ヒューザーの資産内容などを検討
 破産手続きを開始するかどうか決定予定

●賠償総額(ヒューザーの試算によると約84億円)
 1月25日現在の純資産が「約7億4000万円」と主張
 住民側は、破産申し立てによりヒューザーの資産を保全する必要があると判断
 住民側は破産手続きを通し、役員の責任も追及する構え

●過去に被害者が破産申し立てをした事件
 1985年 豊田商事の「金のペーパー商法」をめぐる詐欺事件
 2000年、宗教法人「法の華三法行(さんぽうぎょう)」による詐欺事件

 それぞれ被害者が会社と教団の破産を申し立て、いずれも裁判所は認めている

●ヒューザー側の対応
 「まだ確認が取れていないので、コメントの出しようがない」

<関連記載記事>
 悪徳商法の代名詞「豊田商事」




被害住民がヒュ-ザーの破産申し立て。。。。。。
posted by ちゃえ at 08:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

忘年会でヒューザー専務が同席

<26日午後の衆院予算委員会>

●安倍晋三官房長官の知人らでつくる親睦団体「安晋会」
 ・2004年の忘年会・
   ヒューザーの専務が同席していたことを明らかにした
   (民主党の馬淵澄夫氏に対する答弁)
    阿部.jpg
●安倍氏の答弁
 ・政策秘書が小嶋進社長と面会した事実は認めている
 ・それ以外に同社との「接点」が明らかになったのは初めて
 ・「わたしは(専務を)ほとんど覚えていない」
 ・秘書を含め事件へのかかわりを改めて全面否定

<関連掲載記事>
 安倍 晋三 プロフィール



posted by ちゃえ at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

偽装マンション初検証

●警視庁などの合同捜査本部による初の検証
 26日、東京都港区のマンション「ステージ大門」で、実際の強度を調べる検証
     ステージ大門.jpg
 解体作業に立ち会い、偽装による強度不足を確認
 姉歯秀次元一級建築士の建築基準法違反容疑を裏付けを検証

●ステージ大門
 姉歯元建築士が構造計算に関与
 シノケン(福岡市)が建築主
 実際の施工は木村建設(熊本県八代市)

 耐震強度は基準の26%
 昨年末に解体に向けた準備作業を開始
 今月10日には内装を取り外す内部撤去作業開始
 コンクリート本体の解体作業は27日以降

●検証は午前10時過ぎから開始
 作業服姿の捜査員ら約30人が現場に入る(ヘルメットにゴーグル姿)
 解体業者とともに、9階建てマンション内に発電機や小型破砕機などを持ち込む

今後も耐震偽造物件には、同じような検証を行っていく予定

<その他の偽造物件、解体状況>
  「ステージ大門」も解体開始
  「ラ・ベルドゥーレ白井駅前」解体始まる
  解体したくてもまだ1世帯入居
 名鉄イン刈谷の解体 強度不足のホテルで初




posted by ちゃえ at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

参考人質疑 姉歯発注は小嶋社長の指示 

●衆院での参考人質疑
 総合研究所の四ケ所猛参考人
 スペースワンの井上正一参考人
 平成設計の徳永豊参考人
 平成設計の山口時也参考人

●設計事務所スペースワンの井上正一代表
 「姉歯という固有名詞は出ていないが、ヒューザーの小嶋進社長から優秀な設計士が木村建設にいるので使うように言われた」

 昨年10月27日に関係者が偽装問題への対応を協議した際
  小嶋社長が千葉県船橋市の工事中のマンションについて
  『曲げてでも建築確認を下ろしてもらう』イーホームズに強く求めていた
 
●小嶋社長は17日の衆院証人喚問で協議内容に関する証言を拒否
 井上代表の発言はその内容の一部を裏付ける形

●スペースワン
 ヒューザーのマンションのうち7件で設計を元請け

●総合経営研究所の四ケ所猛チーフコンサルタント(67)
 構造計算書偽造に関与したかどうか追及

●平成設計の山口時也社長
 初めて姉歯氏に外注したのは1999年9月
 その後も「総研とかの指示で姉歯氏を使い続け、慣例になった」と説明
 姉歯氏を利用した背景に総研の関与をうかがわせた
 
 2004年3月の会議で姉歯元建築士が平成建設の名刺を使った件
 「四ケ所氏の指示だった」と述べた

 営業部隊はもっていなかった
 営業活動が総研頼みだった実態を認めた
 平成設計を「総研の設計部」と表現
●平成設計の徳永豊建築士
 総研の影響力を「絶対服従のような感じだった」と証言

    証人喚問.jpg



順番が逆ではないか。。。。。
posted by ちゃえ at 11:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

参院国土交通委員会の参考人質疑

参院国土交通委員会の参考人質疑(19日午前10時〜)
 マンション住民ら支援策見直し訴え 参考人質疑

●参考人質疑(被害者本人が国会で証言するのは初)
  清水克利さん(37)
   「ヒューザー」が建築主の「グランドステージ住吉」(東京都江東区)
  中川三郎社長
   「センターワンホテル半田」(愛知県、126室)

●住民側に対する質疑の内容
 提示された建て替え案は面積が20%減る
 新たに2000万円以上の負担
 住民は受け入れられない
 支援策の見直しを要求

購入者側の責任を問う議員の質問に対して
 築確認まで疑って購入することを求められても無理と反論

●ホテル側に対する質疑の内容
 現状では、ホテルについては国の支援が示されていない
 マンション住民に支援策を示している事から、制度の過ちを認めたもの
 県の建築確認を信じていた
 (県は)見て分かる書類の不備もチェックしていなかった
 ホテルにも何らかの支援をお願いしたい

●参院では、同日午後も識者を招き、制度の問題点を審議



住民の参考人質疑が終わって。。。。。
posted by ちゃえ at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

小嶋社長の証人喚問終了

●証人喚問での証言
 担当から昨年10月25日に姉歯秀次元建築士と会ったとの報告を受ける
 その後、マンション引き渡しや譲渡契約締結をしたと認めた
 「違法性はないと認識している」と証言

●マンションの建築主としての瑕疵担保責任についての答弁
  社長として責任を取りたい
  所有する自宅や飛行機などを売却してでも賠償にあてたい

●「刑事訴追の恐れもあるので答えられない」と、答弁拒否を繰り返す
 偽装を知った経緯など
 核心に迫る質問に対しては

●証人喚問中の小嶋社長
 手に数珠を持ち、終始神妙な顔つき
 これまでテレビのインタビューなどに答えた際のような雄弁さはない
 参考人質疑での非道な発言はなかった

      ozima2.jpg




小嶋社長の小心さが暴露。。。。。
posted by ちゃえ at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小嶋社長の証人喚問開始

17日、衆院国土交通委で17日午後
 耐震データ偽造事件をめぐり「ヒューザー」の小嶋進社長の証人喚問が開始

●与党側の質疑を終了して
  何を聞いても「証言拒否」をする小嶋社長
  何のための証人喚問なのか
  与党に期待はしていなかったが、証人の対応に腹がたつ
  「刑事訴追の恐れがある為」と云って証言を拒み続ける

     ozima.jpg 


  野党に期待を託す




  証言を拒む参考人に対して。。。。。
posted by ちゃえ at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒューザー営業休止 ヒューザーが本社移転へ

ヒューザー(小嶋社長)は、営業活動を休止しを決定
 会社は住民への被害補償を中心とした組織に縮小する
 社員の大半はすでに退職
 小嶋進社長(52)は会社の資産とすべての個人資産を提供して公開
 偽装マンションの居住者補償にあてる方針
 (衆院国土交通委員会の証人喚問で、この方針を表明)

●発覚後のヒュ-ザーの変化
 昨年11月17日国土交通省で偽装の公表以降、手持ちの新たな物件の販売が不可能
 会社を縮小、偽装マンションの居住者補償中心の会社にする方針を決めた
 ヒューザーは社員に再就職先を斡旋
 三十人以上いた社員の大半がすでに退職
 現在は残った数人の社員は住民との交渉を担当
 ヒューザーは建築主としてマンション居住者に瑕疵担保責任がある
 補償には多額の資金が必要
 損害賠償請求し、その補償金を原資とする意向
  姉歯秀次元建築士(48)による構造計算書偽造を見抜けなかった民間の指定確認検査機関
  制度の不備を放置したとして国
 
●東京・丸の内の本社から今月末にも移転



ヒューザーが本社移転。。。。。。
posted by ちゃえ at 12:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ヒューザーの破産申し立て決議

東京都江東区の耐震偽造マンション「グランドステージ住吉」(67戸)の住民の動き
 
14日の住民総会
 建築主ヒューザー(千代田区)の破産を申し立てることを決議
 他のマンションと共同し、今月中の破産申し立てを目指す
破産申し立てをうけて、弁護士ら専門家が評価している。

●その他の耐震偽造マンション
 「グランドステージ東向島」(墨田区)や「グランドステージ稲城」(稲城市)も検討
 今月20日ごろまでに、申し立てに参加

●住民らの意見
 売り主のヒューザー側から住民に対し、補償に関する具体的な提案はない
 このため、ヒューザーの資産を保全するための破産申し立てが浮上
 賛否を問う投票を実施した結果、賛成多数で申し立て方針が確認


●過去に破産を申し立てした豊田商事
 被害者が同社の破産を申し立て
 元弁護士の中坊公平氏が破産管財人に就任 
 総額120億円の資産を回収、配当できた例がある

●この時の動き
 豊田商事事件では被害者が1985年6月、大阪地裁に破産を申し立て
 即日、財産の保全処分命令が出る
 管財人に選任された中坊氏は、あらゆる手段を使って同社の資産回収に奔走
 法外な歩合給を得ていた元社員を相手取り不当利得返還訴訟を起こす
 元社員から徴収された所得税の還付も受けた




ヒューザーの破産申し立て決議 と豊田商事の事案。。。。。
posted by ちゃえ at 20:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 耐震偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。