<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2010年06月17日

公明党のマニフェストは「新しい福祉」

公明党が参院選公約、「新しい福祉」提唱
 公明党は17日午前、参院選公約となる「参院選重点政策(マニフェスト2010)」を発表した。心の病、貧困、不安定雇用といった現代的課題に対応する「新しい福祉」を提唱するなど、立党の精神とする福祉政策の充実を強調。国会議員の定数や歳費の削減を含む国会改革も打ち出した。
(2010年6月17日12時19分 読売新聞)

公明党らしいマニフェストだと思う

今回の選挙には新党が連立しているが、本当に大丈夫なのだろうか

以前、新党結成が流行りになっていた時期があった
あれは魁や新進党など、本当にミニ政党がウヨウヨしていた
その後、新党は2・3年で全て消え去ってしまった

今回もその同じ轍を踏むのではないだろうか?!
参議院の任期は6年。
その間に所属政党が消滅したなんて、私の1票の行方はどうなったの?!
そんな事になりかねない
私が入れたのはA党。それが消滅してB党と合体し。
私はB党には入れていないのに!
こんな事にもなりかねない。

公明党は地方議員が3000人もいるそうだ
ネットワーク政党を唱っているだけの事はある。
女性議員も多いようだから、私達の声がストレートに国政に届くという訳か?!


人気ブログランキングへ
読売新聞ニュース掲載記事の続きを読む

 福祉政策には、〈1〉うつ病、児童虐待、DV(配偶者らからの暴力)などの総合的対策推進〈2〉低家賃住宅100万戸供給などの生活支援〈3〉低所得の年金受給者を対象とする「加算年金制度」創設〈4〉企業の採用時の「新卒」要件を卒業後3年に拡大――などを盛り込んだ。

 国会議員の定数削減は、衆院は「新しい中選挙区制」、参院は「民意を反映する選挙制度改革」とあわせて行うとし、原案にあった「3割削減」の数値目標は見送った。

 景気対策・成長戦略には法人税率引き下げなどを盛り込み、国内総生産(GDP)成長率を「3年を目途に実質2%程度、名目3〜4%程度」とする目標を掲げた。消費税については使途を社会保障費などに限定し、税率を見直す際は低所得者への配慮措置を講じるとしたが、引き上げ幅や時期には触れなかった。
posted by ちゃえ at 15:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政策は何時もいい、公明党。けれど創価学会の紐付きという胡散臭さがいつも付き纏う。
Posted by 蕪村 at 2010年07月05日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153562981

この記事へのトラックバック
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。