<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2010年05月24日

鳩山内閣のブレが沖縄県民を愚弄している



TKY201005230275.jpg   TKY201005230277.jpg


この問題を軽視していた鳩山政権
米との交渉を前提に沖縄に結論を突きつけるのは絶対に認められない
戦後続いた基地としての沖縄
国民は沖縄に全てを押し付けてきた
日本という国の中で唯一、地上戦を経験させてしまった沖縄
その被害は尋常ではない
一番苦しい思いをさせてしまった沖縄
国民全体に戦争の傷跡はあるが、ここにはそれ以上の悲劇が存在する
米軍への憎しみが一番大きかった沖縄が、基地がある事で経済が成り立ってしまった
この現実を私たちは見て見ぬ振りをしてきたのではないだろうか
基地がある事で生計を立てている方もおられるのだから、基地がなくなると困るだろうと思っている国民もいたはず
地元では、意見が二分しているという
これからの沖縄を考えると、ここで依存することをやめるべきという意見
それができるなら、とっくにやっていたという意見
本当に難しい問題だ

だからこそ、沖縄県民の意見を重視するべきだ
鳩山政権には、そのデリカシーがない
ましてや「最低でも県外」と叫んで、先の衆院選を勝利した民主党なのだ
それを「党の意見ではなく私の意見」と、賜る総理
嘆かわしい
政治屋だからしょうがないのかもしれないが、事が重大なだけに選挙目当ての耳障りのいい言葉とは言わせない
期待を持った沖縄の方々の気持ちをなんと考えているのか

ここまで国民に嘘を連発している鳩山与党には、さっさと退陣してもらおう
そして、もう一度、国民の手で与党に相応しい党を選ぼうではないか
二大政党制のお手本だったイギリスも、この程の選挙でその形を崩した
それを模してきた日本は、数年前に崩れている
もう、二大政党制に拘る事はなかろう
しっかりとした目で、議員としての資質を見極めていこうではないか
政治の何たるかを知らないような素人の議員を生む訳にはいかない
今の日本はそんな議員を育てながら政治を行っていく余裕はない
当選後即戦力の議員を選んでいこうではないか!

人気ブログランキングへ




鳩山由紀夫首相は23日、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)・沖縄県知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、名護市辺野古周辺の海域に代替滑走路を建設する考えを初めて表明した。さらに「『できる限り県外』という言葉を守れなかったことを、心からおわび申し上げたい」と陳謝した。

 仲井真知事は「大変遺憾で、極めて厳しい」と述べ、辺野古への移設は困難という考えを示した。社民党も強く反発。地元、連立与党、米国が合意できる移設先を5月末に決めるという首相の約束は守れないことが明確になり、首相の政治責任が厳しく問われる事態となった。

 日米両政府は「辺野古周辺」を移設先として明記する両国の外務・防衛担当相(2プラス2)による共同声明を月内に発表する方針だ。その場合、社民党が連立政権からの離脱に踏み切るかどうかが政権運営の焦点となる。

 移設先とされた名護市の稲嶺進市長も、23日の首相との会談で「県民や名護市民への裏切りだ。到底受け入れられず、断固反対だ」と述べた。

 仲井真知事との会談で、首相は「辺野古付近にお願いせざるを得ない。断腸の思いで下した結論だ」と述べた。その上で「ヘリコプター部隊を切り離して移設すると、海兵隊の機能を大きく損なう」として、ヘリ部隊の一部を県外に出すことも断念し、普天間全体を辺野古に移す方針をはっきりさせた。工法や詳細な建設場所の調整はこれからだが、自民党政権時代に米国と合意した現行案にほぼ戻ることになる。地元の反発で工事に着手できず、市街地の真ん中にある普天間飛行場を使い続けなければならなくなる可能性も高い。

 首相は辺野古周辺への移設を決めた理由として「昨今の朝鮮半島情勢から分かるように、東アジアの安全保障環境に不確実性がかなり残っている」と指摘。「海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を現時点で低下させてはならない」と述べた。韓国の哨戒艦が北朝鮮の魚雷で爆破された事件を念頭に置いた発言だ。

 首相は、沖縄の負担を軽減するために、米軍の訓練の県外移転を進める考えも強調した。しかし、移転先については「27日の全国知事会で協力をお願いしたい」と述べるにとどめ、鹿児島県・徳之島などの具体的な地名は示さなかった。同意を得られるメドが立たないためと見られる。

 一方で首相は、嘉手納基地以南の米軍施設・区域や、沖縄本島東側で良好な漁場と重なる米軍の訓練区域の返還などの沖縄県の負担軽減策について実現に取り組む考えを強調。「米側からそれなりの感触をちょうだいしている」と語った。

 北沢俊美防衛相は、日米共同声明の最後の調整を行うため、現地時間25日(日本時間26日)に米国でゲーツ国防長官と会談する。
ラベル:鳩山総理 普天間
posted by ちゃえ at 09:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 普天間問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。