<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2010年05月23日

宮崎牛ブランド「スーパー種牛」も感染

口蹄疫:自慢の息子が…絶句 「忠富士」育ての親
毎日jp


20100523k0000m040072000p_size5.jpg口蹄疫(こうていえき)が「宮崎の宝」を脅かしている。感染の疑いで殺処分された「忠富士」は、感染発生地から離れた畜舎に隔離されていた主力種牛6頭の中でもトップの「スーパー種牛」。同じ施設にいる残る5頭にも感染の恐れが残る。官民挙げた長年の努力で、松阪牛をはじめ全国銘柄牛の素牛(もとうし)供給元ともなった宮崎牛ブランドの存亡の機に関係者は青ざめる。【川上珠実】

 ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)  ー(長音記号1)   


こんなに拡大するとは思わなかったのだろうが、本当に鳩山政権の危機管理能力の無さに、ほとほと呆れて物が言えない
優雅に(?)にGWに外遊していた大臣達の体たらくがここまでの問題に膨れ上がった
もし、日本国内のどこかにいたとしても、今の内閣にはその危機を実感できる政治能力の優れた議員がいるとは思えない
前政権の批判ばかりしていないで、こういう時こそ、前政権のような動きをするべきだと感じる
何故なら、今までにも沢山の災害等を潜り抜けてきた
それが政権を担う与党としての義務であり責任
自覚がないのか鈍感なのか?
これでいいのか?!

庶民の声に耳を傾ける事を忘れ、次の選挙ばかり睨んでいるからこういう事になる
政治は生きているし、我々も生きている
選挙しか頭にないような民主には何も希望は持てない
今現在の日本を救う事のできない民主党に、将来を託す事など絶対にできない!

国民はもっと議員の資質を見極める目を持たなければなるまい!

人気ブログランキングへ

<毎日jp掲載記事続きを読む。。。。。>

 「人間で言えば30代前後の働き盛り。これからが楽しみだったのに……。何とか生き延びてほしかった」

 忠富士を生み、育てた宮崎市の畜産農家、川越忠次さん(52)は感染疑いと殺処分の報に声を詰まらせた。

 02年6月22日。忠富士が生まれた時のことは忘れない。

 「足の節が腫れたみたいに太くて。えらい大きな牛が生まれたって家族で喜んだ」

 スーパー種牛と呼ばれた「安平」の孫に当たり、その遺伝子を引き継いでいた。自分の名前の一字を子牛に与えた。のんびりしておとなしく、人を怖がらなかった。

 川越さん方で生後8カ月まですくすく生育。その後、宮崎県畜産試験場(同県高原町)から県家畜改良事業団(高鍋町)と種牛候補の花道を歩み、07年1月、宮崎牛ブランドの種牛に認定された。

 川越さんは、忠富士の子牛を肥育する農家の声を聞くのが何よりの楽しみだった。

 「普通は400キロくらいしか取れない枝肉が750キロも取れた」と感謝されたこともあった。自分のことのように喜んだ。

 自慢の“息子”に会うため、事業団にも定期的に足を運んだ。最後に忠富士と会ったのは、口蹄疫が表面化する前の4月9日だった。「おい、元気でやってるか。おれのこと覚えちょっか」と頭をなで語りかけた。「反応? 相変わらずのんびりしていた」と力なく笑った。

 22日未明、ニュースで避難していた種牛6頭のうち1頭の感染疑いを知った。まんじりともせず夜を明かし、「忠富士」と知って絶句した。

 「手を合わせて無事を祈っていた。かわいそうでかわいそうで……」

      = ◇ =

 ◇接種してもなぜ殺処分?◇
 Q 口蹄疫(こうていえき)ワクチン接種の効果は。

 A 完全に感染を防ぐことはできないが、接種後約1週間で免疫ができ、感染しにくくなる。感染しても発症しにくく、発症してもウイルスの排出量が抑えられるので感染拡大をある程度抑えられる。ワクチン効果は半年程度持続すると言われている。

 Q 接種しても最終的に殺処分するのはなぜ。

 A 口蹄疫に感染しているかどうかは、血液中の免疫にかかわる「抗体」という物質の有無で判断する。しかし接種した家畜も、感染した家畜も抗体ができるので、両者の区別は難しい。感染した家畜はワクチン効果で発症しにくくなってもウイルスを持っているため、放置すれば感染源になる。

 Q 確保されているワクチンの量は。

 A 国内に40万回分、製造元の英国に30万回分の計70万回分が備蓄されている。今回は1頭当たり1回接種する。対象は、発生農家から半径10キロ以内の家畜。農林水産省は「当面は不足しない」としている。

 Q 過去のワクチン接種例は。

 A 00年に発生した韓国と01年のオランダではワクチン接種で流行を抑えることに成功した。しかし、97年に発生した台湾では完全に抑え込めず、現在もワクチンを使っている。日本で口蹄疫が発生した前回(00年)にはウイルスの感染力が弱くワクチン接種にいたらず、今回が初のケースとなる。
タグ:口蹄疫
posted by ちゃえ at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 口蹄疫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150769432

この記事へのトラックバック

遺伝子組み換えナタネが自生
Excerpt: ほら、言わんこっちゃない [ふっ/]動物ならまだ管理しやすいんだろうけど、植物となると今回みたいなケースの他に花粉飛びまくりで自然交配だってしちゃうだろうしさ。鳥が食べて種を遠くまで運ぶことだってある..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2010-05-23 22:08
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。