<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2009年10月23日

新型インフルエンザワクチンが足りない

新型インフル:ワクチン希望の医療従事者 想定の倍超す
2009年10月23日 2時30分 更新:10月23日 3時29分


 19日から始まった医療従事者に対する新型インフルエンザのワクチン接種について、医療機関側の接種希望者数が国の割り当て(約100万人)を大きく上回る230万人以上に達することが、毎日新聞の都道府県への調査で分かった。
多くの医療機関が医師や看護師だけでなく、事務職員らの接種も求めていることが原因とみられる。
ワクチンが「足りない」と答えたのは33都府県に上り、各都道府県は医療機関の納得を得られる配分に苦慮している。
【まとめ・清水健二】


 厚生労働省が約100万人と算定した根拠は、厚労省の医療施設調査と総務省消防庁の救急業務実施状況調査。
両調査によると、厚労省が対象職種に想定する医師、看護師、准看護師、救急隊員の合計は約120万人だが、インフルエンザ患者の診療に従事しない人もいることを勘案した。
厚労省はワクチンを医療従事者数の割合に沿って都道府県に配分し、その先は都道府県に一任している。

 毎日新聞が47都道府県の担当者に医療機関から寄せられた接種希望者数を聞いたところ、集計ができている43都道府県だけで計約237万人に上った。
40都府県で接種希望者が割当数を上回り、うち22都府県で2倍以上の差があった。

 ワクチン接種については、9道県が「精査すればワクチンは足りる」などとしたが、33都府県は不足を指摘した。

人気ブログランキングへ



<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>

新型インフルエンザのワクチンについては、早々と動き出していた厚生労働省のはずなのに、またまたお手付き

どうしてこんなにずさんな対応しかできないのか?!

膨大な数の医療従事者だろうが、そこを把握できない国の実体に唖然とした
本来、地方自治体とのやり取りから、どのくらいの医療関係数があるのかは、把握するには余りにも当たり前の機能があると思っていた
一本化できていない事実に対して、本当に驚いた
posted by ちゃえ at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。