<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2009年10月04日

公明党浜四津代表代行が今期限りで引退

公明党:代表代行の浜四津参院議員、今期限りで引退−毎日jp
2009年10月3日 12時5分 更新:10月3日 12時15分


公明党代表代行の浜四津敏子参院議員(64)は3日午前、2010年夏の参院選について
  「党の定年制をきちんと守りたい」
と述べ、立候補せずに引退する意向を示した。毎日新聞の取材に答えた。

 同党は任期中に66歳を超える場合、公認しない定年制を設けている。
これまでは党への貢献度や選挙区事情などで特例を認めていたが、衆院選敗北後、候補者の高齢化などに党内や支持者から不満が出ていた。
浜四津氏は井上義久幹事長から引退を打診され、執行部に一任する考えを伝えたという。
8月の衆院選では神崎武法元代表(66)や坂口力元厚生労働相(75)が公認され、当選している。
【田所柳子】





<その時、私が思ったこと・掲載されている記事に物申す・・・>

以前、何の選挙の時だったか忘れたが、浜四津氏の街頭演説を聞いたことがある
楚々とした出で立ちからは想像できないほど、迫力のある演説だった
多くの公明党支持者が取り囲んでいる中、私も耳を傾けていた
突然、後ろからギャル語で話す数人の女子高生の会話が聞こえてきた

「あのおばさん、気合入ってる」
「政治、わかんないけど、何か聞いちゃう」
「あんなおばさんなら、政治が良くなるんじゃないの」
「オーラ、感じるよね」
(ギャル語だったので、このような内容だったと思う)


本当に私もオーラを感じた

公明党支持者の皆さんが熱狂するのも無理はないと感じた

そんな浜四津さんが出馬しないとは、ちょっとガッカリ
TVへの露出度は少なかったが、女性議員だけを集めた討論会などでは、群を抜いていた
弁の立つ方だと感服していた

今後、益々のご検討を祈る
posted by ちゃえ at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 公明党関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129454049

この記事へのトラックバック
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。