<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2008年01月30日

朝青龍がズバリ出演で言い訳タラタラ

一連の朝青龍問題。
夏巡業を怪我の治療という理由で休みモンゴルに帰国した際に、中田英選手と共にサッカーに興じた事から端を発している。
それを非難されて、急遽帰国した。
協会の下した審判は、2場所休場と謹慎。
それに不満を持った朝青龍の次に取った行動は‘うつ病’
うつ病の治療という名目で、モンゴルに帰国してしまったのだ。
日本滞在中には、一度の会見もなかった朝青龍。
その朝青龍を追いかけて、細木氏がモンゴルに渡ったという。
600万をかけて、飛行機をチャーターして、尚且つ、自腹だったという。
あの細木氏が、自腹を切るとは考えられない。
お金の匂いがするから、先行投資して自腹だったはずだ。
その時に撮影した朝青龍のモンゴルでの模様は後日、絶対に何十倍にしてでもお金に変わると踏んでいたはずだ。
ところが、そのVTRの放送をTBS側は拒否した。
その為もくろみが外れてしまった細木氏は、番組冒頭から大激怒で興奮していた。
 今話題‘旬’の朝青龍を番組に出演させたのは、私のお陰
と、ご機嫌で収録に挑んだはずだったが、あの600万の元を取る事もできないまま、朝青龍の出演だけが浮き彫りにされてしまった。
頭から湯気が爆発している様子は、手に取るようにわかる画像だった事が、なんとも愉快だった。
次に私的には、由々しき問題発言があった。
 勝負に負けて相撲に勝った
これを聞いた当人の朝青龍も首をかしげる場面だった。
細木氏の解説によると、2場所の休場の間を預けていた白鵬に、エールを送る為の負けだったという。
これって、八百長だと宣言しているようなものだ?!
千秋楽という言葉も出てこなかったような細木氏が、大相撲の大ファンだと豪語する。
ヒールがヒールを応援する傾向を象徴するような二人だが、金儲けの匂いがする朝青龍に入れ込んでいる細木氏のように見えるのは私だけだろうか。
白鵬との大一番について、更に話が進んでいくと
「今場所は勝ちにこだわりたかった。弱いところを見せたくなかった。今でもショック」
と、話した朝青龍に対して、細木氏は
 もう、忘れなさい!
と、一喝。
それに対して、朝青龍は毅然とそれを否定した。
この部分に関しては、横綱らしい返答を聞いた思いがした。
その後、モンゴルでの驚異的な練習を連呼する細木氏は、モンゴルでのVTRの話に戻して話を続けた。
死に物狂いで練習に励んだ事を力説した。
あの‘V’を見たら、必ず感動するとも言っていた。
ここにも、私は‘物言い’を付ける。
では、朝青龍以外の力士達は激しい練習をしないのか?!
死に物狂いで練習をして、真剣な練習を積み重ねて本場所に向かう事は、今更言われなくても誰もが想像できることだ。
陽の目をみないその想像を絶する練習があるからこそ、勝利にどこまでもこだわっていけるのだと思う。
大きな声で吼えるのならば、沢山のニュースソースを持つべきだと言いたい。

それにしても、この独占インタビューは、明らかに朝青龍の言い訳の場と化した。
他の力士達は、負けても言い訳をする場所は無い。
どこまでも異例尽くし朝青龍は、彼らしい‘みそぎ’終了宣言だったのだろう。
これで益々、白鵬の人気が上がっていくのではないだろうか?!
細木数子「私は降ろされた」? TBSにズバリ言ったわよ・・J-CASTニュース
posted by ちゃえ at 06:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

横綱相撲で優勝の白鵬

白鵬優勝.jpg白鵬が大関から横綱に上がる時、成績からすると昇進して充分だったが、待った!がかかった。
簡単に横綱には上げられないという横審の意思だったと感じる。
日本の国技と言われる‘大相撲’で、日本人の横綱は現在は不在だ。
モンゴル人によるモンゴル人の為の大相撲だと言われて長い。
現に、事実だ。
闘志と気力とハングリーさは、日本の力士からは感じられない。

元々、大きな体の力士にも、技でこなぜば小柄の力士でも勝てるというところが相撲の醍醐味だ。
大きな体の方が有利ではあるが、その巨体を技で倒すと館内は大興奮の渦になる。
以前は少数の外国人力士に、ちょっと不平等な待遇を感じた事もあった。
しかし、現状では、その外国人力士に頼っているのが相撲協会。
何も‘物申す’人物がいない中、一人横綱を甘やかしてしまったのだ。
その結果が、朝青龍の我が儘が炸裂したのだと感じていた。
昨夏の大切な巡業にも関わらず怪我での休場届を出しながら、モンゴルでサッカーのイベントに参加して大騒動を起こした。
これを制する事もできなく、モンゴルでの治療を許してしまった不甲斐ない協会。
自分達の責任は棚に上げておきながら、ひたすら朝青龍だけを非難する。
今場所においては、白鵬の優勝で幕引きしたかった協会。
腐っているとしか言いようがない。
事実「朝青龍を優勝させたら力士全員、丸刈りだ」とは何事だ。

千秋楽の白鵬のプレッシャーは物凄かったはずだ。
いつも白鵬は朝青龍の背中を見ながら横綱としての相撲をとっていたのかもしれない。
今回の朝青龍の出場停止に伴ない、初めての一人横綱としての責任を担った。
その中で、充分に責任を果たし、朝青龍の背中からの呪縛から逃れられたのかもしれない。
昨日の二人の大一番で、横綱の風格を感じたのは白鵬だった。
睨み合いでも、白鵬には品格を感じた。
奇しくも、常に朝青龍に対しては品格の欠如が言われてきたのだ。
朝青龍に最も足りなかった品格を、白鵬は2場所の一人横綱で確実に具わったのだ。

白鵬と奥さま.jpg休んでいた横綱には負けられないという白鵬の気迫は、TV画面からでも充分に伝わっていた。
私自身も、白鵬に優勝してもらいたかったが、朝青龍が勝つのだろうと感じていたのだから、その気迫を見て
 白鵬が勝つ
と、実感した事も事実だった。
又、優勝して部屋に帰ってからの会見で、大きな鯛などと一緒に、大きな家庭的幸せを見せてくれた。
外国人力士にとってのお嫁さんが、絶対に日本人でなければならないとは思っていない。
しかし、国技と謳われる大相撲では、日本人にしか判らないしきたり等を助言できるのは日本人のお嫁さんなのではないだろうか。

今後の大相撲の人気は、上がっていくのではないだろうかと言われている。
協会の対応をもう一度、考えていかなくてはならないだろうと感じる。

白鵬V3!「休んでいた横綱に負けられなかった」・・サンケイスポーツ 2008年1月28日(月) 8時2分 
posted by ちゃえ at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ゲームの「仮想通貨」

インターネットは今や、生活の一部になっている。
以前は調べ物をしたい時など、大きな百科事典を開いて調べていた。
その百科事典が古くなると、その役目も果たさなくなる。
新聞などでも、思うように自分の要求に似合ったものが得られない事が多い。
しかし、インターネットは簡単に情報を探す事ができる。
実に便利なものだと思うし、我が家にとっても必需品になっている。
その半面、ネットを管理できないような状態になっているのも事実だ。
私もネットは娘の影響から長く続けているが、そのシステムなどは全くの無知である。
この事件については、何も言えるような立場ではないが、何とかならないものかと心を痛めている。

16歳高校生、ゲームの「仮想通貨」3600万円騙し取る・・産経新聞1月24日10時29分配信
posted by ちゃえ at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

東京に2年ぶりの積雪

雪とハチ公.jpg東京は本当に雪に弱い都市だ。
雪国から見たら、何でもないような雪でも、都会は大騒動になってしまう。

15年程前に仕事に出かけた町田で、大雪に見舞われてしまった。
駐車場に入れた自分の車なのに、駐車場自体が閉鎖されてしまったのだ。
町田からの交通機関である電車も、運転不能になっていた。
私からすると、雪が舞っているくらいなのに、本当に驚いたものだ。
雪が降るというニュースを見て、必ず交通事故が出るだろうと思っていたら、案の定の結果だ。
都会の人たちは、雪を甘く見ているのではないだろうか?!

雪の中央道、単独事故が10件も…長野・山梨県境・・読売新聞1月23日13時49分配信
posted by ちゃえ at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

センター試験で今年もミス

センター試験は毎年、出題ミスや英語のリスニングで問題が出る。
今年も相変わらずのように起こった。

まず、19日に行われた世界史の出題ミス。
正しい文章を1つだけ選ばせる設問に2つの正しい選択肢があることが判明した。
この両方を正解にするとのこと。
何とも寂しいミスだ。
出題者は、時間がなかったのか?!
一体、何をしていたのか?!
毎回のミスを、未然に防ぐ手立てがない事に、情け無さを感じる。

次には、毎回の英語のリスニングだ。
3回目となるリスニングだが、全国の受験生計175人がICプレーヤーの不具合などを申告し、機器を交換して中断以降の問題に解答する「再開テスト」を受けた。
 リスニング試験は、初めて実施した06年度で457人、前回も381人が再開テストを受けている。大学入試センターは「再開テストが減るよう努力するが、次回は現行方式で行う」としている。
 再開テスト対象となったケースは、計153会場で起きた。「途中で音が止まった」といった不具合申告などが148人、機器の落下や鼻血などによる中断が33人。うち6人が辞退した。
これも、1年間の時間をかけて点検できないものだろうか?!

受験生をすると、ちょっとした不具合でも緊張の中での受験なので、大きく動揺する。
その精神的な部分を、もう少し考えて欲しい。

来年こそは、ミスのないようなセンター試験であってほしいと切望する。
世界史Aで出題ミス=正しい選択肢2つ、両方正解に−時事通信1月21日21時1分配信
posted by ちゃえ at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

岐阜1区の公認候補の行方

2005年の衆議院選挙は、郵政民営化の是非が争点だった。
小泉首相(当時)の号令の元、自民党の多大な反対を押し切り、民営化を進めていった。
それに反対をした議員には、公認を認めなかった。
非情とも言われたが、当時の世論はこれを後押しをした。
その結果、反対をした議員の選挙区に、対立候補を公認とした。
いわゆる‘刺客候補’だ。
刺客候補には、比例の席を優遇した用意周到の選挙態勢だった。

事実、今話題の岐阜1区は、野田氏と佐藤氏の一騎打ちになった。
自民公認は佐藤氏、野田氏は無所属での出馬だった。
選挙結果は、野田氏が選挙区で勝利し、敗者の佐藤氏は比例で当選した。
その後自民党は、岐阜1区の支部長を佐藤氏に任命した。
事実上、支部長が次回の公認候補になるのが自民党の通例だ。
選挙後も反対を表明し続けている野田氏に、とどめの一撃を加えるともりだったのだろう。
更にマスコミ受けも狙ったと、私は感じている。

その後、復党した野田氏と佐藤氏の女の戦いは、マスコミの餌食にされた。
当人達の胸の内は、いかばかりだっただろうか?!
ここまで放置した自民党の責任はいかがなものか?!

この期に及んで、勝てる候補は野田氏と言っている古賀選対。
この選挙の当時や佐藤氏を支部長にした時、古賀氏は蚊帳の外にいたはず。
このような発言には、違和感を感じる。
佐藤氏は元々、エコノミストとして活躍していた。
同じ女性として、賛同できない部分は、少ないと感じる。
何故なら、彼女には動じない強さを感じる。
鋭い切り口から、これからの女性議員としての活躍も期待できる。
小泉シスターズの中では、私は彼女が一番の期待を持っている。
東京5区からの出馬も噂されるが、今度は自民党幹部に踊らされる事無く、ご自分の感性で選択せれていただきたい。



<佐藤ゆかり議員>岐阜1区公認「党決定に従う」・・毎日新聞1月20日20時22分配信
posted by ちゃえ at 10:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

39年間活躍した8000系が東横線から引退

8000.jpg  8000 2.jpg

鉄道マニアには、感慨深いものがあるだろう。
東京近郊の方々は、必ずや乗車の経験があるだろう。
正面からの顔は、中央の黒色部分をL字型の赤帯で縁取りをして塗装していたので「歌舞伎塗装」と呼ばれていた。
このイベントは、同社員が発案・企画したそうだ。
余生の過ごし方も決まっているそうだが、また一つ寂しくなったものだ。

<8000系の説明>
東急電鉄が導入した8000系車両は、1969年にはじめて導入された全長20mの大型車両だ。
時代に先駆け省エネルギー性を大幅に向上した界磁チョッパ方式の制御器の導入。
列車の運転操作性を大幅に改善したワンハンドル・マスコン式運転台の実用化。
その後の鉄道車両の基礎となる世界初・日本初の技術を装備した画期的な車両
主に東横線と大井町線を中心に活躍

東急8000系さよなら運転 東横線から姿消す・・産経新聞1月13日14時32分配信
posted by ちゃえ at 08:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

西村真悟議員長男“飛び降り自殺”

昨年5月、松岡利勝元農相が首吊り自殺があった衆院赤坂議員宿舎。
その他にも、破格の安価での住居費にも国民から顰蹙をかっていた。
何かと問題の多い宿舎である。
その宿舎の20階から飛び降り自殺があった。
西村真悟議員の長男だった。
彼は父親と同じ法曹界を目指していたという。
2度の失敗などで、強いうつになっていたとコメントしている父親。
果たして、それだけだろうか?!
奇しくも自分の目標だった父親が、法を犯した。
犯罪者としての立場になった父親に対して、彼の心は不信感以外に何が残っただろうか。
執行猶予がついているとはいえ、有罪だった事は事実だ。
彼をここまで追い詰めた原因は多々あると思うが、一端には父親の犯罪にあることは明白である。

この事を事実としてだけではなく、重大なメッセージである事を西村議員は認めなくてはならないと思う。
犯罪者が国民の代表として、税金を給金として仕事をしていいのだろうか。
ご自分の立場を、もう一度じっくりと考え直して欲しい。
このまま国家議員を続けて、恥ずかしくないのか?
国民の血税は、犯罪者に給料は払うためではない。
ご長男の為にもご本人の今後の為にも。

<関連掲載記事>
 西村議員の議員辞職勧告決議案(2006・3・17)
 西村議員、弁護士会は懲戒処分も(2005・11・26)


西村真悟議員長男“飛び降り自殺の真相”・・日刊ゲンダイ1月13日10時0分配信
posted by ちゃえ at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

新テロ特措法が再可決に小沢代表が棄権

このニュースを聞いて、驚かなかったのは私だけではないはずだ。
小沢代表なら、やりかねない行動だど納得してしまう。
しかし、局面はそんなに簡単なものではない。
与野党激突の、最重要法案のはずだが、それを放棄したのは、実に小沢代表らしい。
自身の信念と相反したならば‘そんなの関係ねぇ〜!オッパッピー!’
これが小沢流だ。
これ以上、コメントの仕様が無いほど、実に小沢代表らしい!

昨年11月4日の、突然の『代表辞任会見』も同じようなものだ。
小沢氏とすればその時の感情以外、彼を動かすものは他に無い。
まるで我が儘坊主そのものだ。
この大きな我が儘息子の首に、鈴がつけられる立場の人間がいないのが大問題だと感じる。

<2007/11/4掲載記事>
小沢氏、民主党代表を辞任の意向

小沢代表、再可決前に退席=「常識ない」、民主内からも批判・・時事通信1月11日19時1分配信
posted by ちゃえ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

<高校サッカー>三鷹完敗も「いい夢見させてもらった」

三鷹高校は、我が家から歩いても行ける距離にある。
吉祥寺からバスに乗ると「三鷹高校前」を過ぎると、間もなく下車するバス停に近づく。
とても身近な高校だ。
特に制服はないようで、自由なスタイルで登校している。
生徒達は、あまりバスを利用していないように感じる。
そんな身近な高校が、東京B代表となったのは高校に校舎にかかっている垂れ幕で知っていた。
それがどれほどのものかも、その時には感じなかった。
時々、垂れ幕がかかっている事があるからだ。
快挙を上げた事を、TVのニュースで知った。
驚いた。
一勝したなら、これで終わりかと思っていたら、何と3勝もしてくれた。
山下監督は、「やり切った思いでいっぱい。いい夢を見させていただきました」と、語った。
私達市民は、もっといい夢を見せていただけた。
公立高校として、3勝もしたのは史上初!
全国区になった‘三鷹高校’
決して、有利な条件で君たちが、この快挙を成しとげた訳ではない。
私立とは違う。
ましてや18歳以下日本代表候補が4人もいる藤枝東を、2点で抑えきったのは負けていない証拠だ。
ここまでの道のりを思うと、本当に頭が下がる。
この素敵な経験は、絶対にこれからの人生に活きていく。
これからも、各方面で大きく羽ばたいて欲しいと切望する。

追伸)今日(8日)、三鷹高校の前を通った。
   気のせいか、他のクラブの声が一段と大きくなったように感じた。
   サッカー部は、他のクラブにいい刺激になったのかもしれない。
   どこまでも、自分を信じ仲間を信じ、精進して欲しい。
   人間は決して一人で生きていく訳ではないのだから。

三鷹ナイン.jpg試合終了後、スタンドの声援に手を上げて応える三鷹イレブン





三鷹ナイン3日.jpg前半、2点目のゴールを決め喜ぶ三鷹の白井(中央)。
三鷹は宮城工を2−0で下し、都立校として史上初めて1大会で3勝目を挙げた

<高校サッカー>三鷹完敗も「いい夢見させてもらった」 毎日新聞1月5日19時57分配信
posted by ちゃえ at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

学連選抜、堂々の4位

学蓮選抜.jpg81回大会からオープン参加として開始された関東学連選抜。
昨年から成績が残る事になった。
残念ながら20位という最下位でのフィニッシュだった。

持ちタイムより、メンタルの部分が重要になる。
更に母校のタスキをつなげるという部分からいうと、学連選抜はそれがない。
予選会に漏れた大学から上位選手を集めたチーム。
持ちタイムを見れば、毎年シード権争いをしてもおかしくないレベル。
それにも関わらず、結果にはつながらなかった。

青学の原監督は、各校から集まってきた16人の選手に問い掛けた。
 「箱根駅伝を記念としてお祭り気分で走るのか」それとも「自分の母校が出るのと同じ気分で走るのか」
原監督の精神的な面にこだわった部分は、今回の好成績につながっていったのだろう。
16人のメンバーをランダムに2つに分けてミーティングを重ね、意思疎通を図った。
11月下旬ではAグループが総合3位、Bグループがシード権獲得というバラバラの目標だったが、「全員の連絡先を交換して、積極的にコミュニケーションをとった」(佐藤信輝主務)結果、最後は「総合3位」と統一した目標を掲げるまで結束力は高まった。
大きな目標を掲げる事が、いかに大切な事なのかを実証した原監督。

母校のタスキではないにしても、16名の選手が一丸となって走りぬけた箱根駅伝。
それぞれの思いを考えると、本当に胸が切なくなった。
選手がそれぞれ、胸を張って走っていた姿。
清々しくも、雄々しく見えた。
本当に暖かい気持ちにさせてくれた。
本当に感動した。
学連選抜がゴールした時、私はボロボロと泣きながら大きな拍手を送った。

ゴールした瞬間から、次の駅伝の練習が始まっているという。
 学連選抜の16名よ。
 母校で語れ!
  諦めない素晴らしさ
  努力する素晴らしさ
 君達は、逆境をバネにする素晴らしさを知った。
今後の活躍を、期待している。
頑張れ!

84回大会・学連選抜・登録メンバー
1区 山口 祥太★ 4 国学院大 尾鷲 28分47秒74
2区 東野 賢治★ 3 明大 西脇工 28分56秒80
3区 石川 卓哉★ 2 明大 豊北 28分58秒41
4区 久野 雅浩★ 4 拓大 四日市工 29分04秒21
5区 福山 真魚 2 上武大 熊本国府 29分29秒10
6区 佐藤 雄治★ 3 平成国際大 上野工 29分27秒78
7区 川邉 一将 3 国学院大 国学院久我山 29分36秒40
8区 井村 光孝 4 関東学院大 豊川工 29分26秒33
9区 中村 嘉孝 3 立大 市浦和 29分29秒68
10区 横田 竜一 4 青学大 中京大中京 29分47秒36
補欠 矢崎 祐也 3 青学大 小林 29分48秒62
補欠 藤原 忠昌★ 4 平成国際大 倉敷 29分30秒00
補欠 金森 祐樹 4 慶大 慶応志木 30分29秒94
補欠 樋本 芳弘 4 拓大 尾山台 29分24秒
― 鈴木 淳也 2 松蔭大 横浜 30分54秒35
― 佐々木 亮 2 麗澤大 沼田 29分32秒44


※★マークは箱根駅伝経験者
※太字は駅伝主将。往路、復路とも当日の朝、レース1時間前にメンバー変更が可能
※−の選手は区間エントリー変更で補欠に回った選手


学連選抜、堂々の4位  時事通信
posted by ちゃえ at 12:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

‘W’の名門、復活か?!

懐かしい思いを持ちながら、Wの文字を見ていた。
山が鬼門とされていた早稲田。
何度も山で泣いてきた早稲田。

駒澤は、先輩の藤田が象徴するように、必ずどの世代にも山の神がいた。
安心して見ていられたのが駒澤の山登りだった。

対照的な2校に山の神が微笑んだのは、早稲田だった。
それも、4区1位通過でその1位を死守したのではない。
追いつき追い越し、更に1分14秒の貯金までつけて堂々の往路優勝だった。
早稲田が山を制したのは、何と75年ぶりだ。
全員でつないだエンジのタスキは、光輝いて見えたのは私だけではなかっただろう。
強い早稲田を彷彿させる走りだった。
ここ数年間、早稲田は予餞会からの箱根駅伝だった。
見ていて、胸が詰まるほどに切なかった。
駅伝ファンにとって、早稲田は絶対に参加していなければならないチーム。
ましてや、シード権を取れずに駅伝を終了させていた早稲田のメンバーの涙は、見ていて本当に切なかった。

今回の総合2位は、復活の予感がする。
時事通信の記事にもあったが、駒澤に対する声援よりも早稲田に対する声援の方が、俄然大きかったのは事実だった。
いかに駅伝ファンにとっての早稲田の存在が大きいかと言う事だ。
この成績を、大きくバネにして、今後の活動に精進していってもらいたい。
渡辺監督、期待しているので、是非頑張って欲しい。

名門早大、価値ある2位=完全復活へ手応え・・時事通信
posted by ちゃえ at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

<箱根駅伝>12年ぶり往路Vの早大 駒野が「山の神」に

早稲田2日.jpg2日の箱根駅伝で往路優勝した早大。
渡辺監督が2区を走った96年以来の1番で箱根・芦ノ湖畔のゴールに入ってきた。
主将の駒野は胸の「W」を指し、右腕を突き上げてテープを切った。
「『帰ってきたぞ』という気持ちだった」。
シード権を失うほど低迷した時期もあったが、この日の選手たちは誇らしげだった。 

 6位でたすきを受けた駒野だが、逆転する自信はあった。
過去の練習不足を反省し、最後の「山登り」に備えて1日40キロを走るなどしてスタミナをつけたからだ。

 一人また一人とかわす。
10キロ過ぎに駒大・安西と共に山梨学院大の高瀬を抜き、13キロ手前では安西も引き離した。
「山の神」と呼ばれた順大・今井(現トヨタ自動車九州)が昨季マークした区間記録にあと7秒。
同僚の竹沢が「うちにも山の神がいた」とうなる快走だった。

 大会前にエース・竹沢が故障した。
駒野は「自分たちのできることをやろう」と言って、動揺するチームをまとめ結束力を高めた。
竹沢も臀(でん)部の痛みを抱えながらも3区を走り、7人抜きの末の区間賞で勝利に貢献。
就任4年目の渡辺監督は「いいチームになった。本当にうれしい」と成長に目を細めた。

 07年度が創立125周年の早大は野球部やラグビー部が華々しく活躍している。「『駅伝はお荷物』というイメージを払しょくしたかった」と駒野。意地を見せるたすきリレーでもあった。


posted by ちゃえ at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根駅伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もち詰まらせ4人死亡

我が家には81歳になる主人の母が同居している。
同居して1年になるが、その前も何年も期間限定の同居はしていた。
母は持病として糖尿病を持っている。
重症の糖尿病で、数々の合併症との戦いもしている。
その母は、昨年の1年間で、何度も食事をのどに詰まらせた。
何と、おかゆまで詰まらせたのだ。
次に息のできなくなり、顔が青く変わってしまうほどの時は、焼き鮭の皮だった。
何度となく繰り返すうちに、母はすっかり自信を失ってきた。
美味しく食べてもらいたいと思う半面、絶対にのどに詰まらせない食事に心を配った。
結果、その後は軽い詰まりだけで済んでいる。
この事を主治医に尋ねた事がある。
主治医によると、
 高齢者は唾液が出にくくなる事が大きな原因
 自分の衰えた状態を理解できていない
 筋肉の衰え
納得のできる説明ばかりだった。

このニュースを受けて、お雑煮を無事に食べ終えた母に感謝する。
何事も無く過ごしてもらえるのが一番だ。
その半面、亡くなられたご家族のご心中を思うと、言葉がみつからない。
ましてや、嫁の立場からすると、お嫁さんが今、どんなお気持ちでおられるかが、とても心配だ。
とても残念な事だが、それが寿命だったと思うしかない事を、同居していないご家族の方々が感じてほしい。
どんな事があっても、お嫁さんを責めないでいただきたい。
同居は嫁としてゴールの見えない、限りなく孤独な毎日になる事を、どうぞご理解いただきたい。
  〜心よりご冥福を祈る〜
もち詰まらせ4人死亡=年末から16人を搬送−東京 時事通信1月2日21時31分配信
posted by ちゃえ at 11:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース&社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。