<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2007年11月18日

千場吉兆の偽造会見を見て

10月29日の会見で見せた涙は何だったのだろうか。
その会見は福岡で行われた。
偽造が発覚したのが、福岡・岩田屋だったからだ。
その会見の冒頭、緊張した表情で深く頭を下げた湯木尚治取締役は
 「吉兆ファンの皆さまの期待を裏切ることになり、大変申し訳ない」
と声を震わせ、涙ぐみながら謝罪した。
終いには、
「販売員の判断で張り替えた」
と、責任を逃れた。
この時の私の感想は、フランチャイズだったのだろうかと云う事だった。
それならば、買い取りの商品が売れ残ってしまい、それに苦慮して改ざんしたのかと感じたのだ。
しかし、実情は違っていた。
パートの責任にしていた幹部達の顔が、どす黒く浮かんできた。
あの涙はなんだったのだろうか。
察するに、お芝居という事もあるだろうが、一番強く頭をよぎっていたのは、同グループの面々の顔だったのだろう。
消費者の顔が浮かぶなら、最初からできない事だからだ。
売上の数字だけを判断されるグループ内で、追い詰められて取った行動が改ざんだったのだろう。
本当に嘆かわしい。
人にとって一番大切な‘食’を、文化にまで登りつめさせた先代は、お墓の中で怒鳴っている事だろう。
彼らにかける言葉など、到底ありえない。

船場吉兆の偽装、取締役が指示=パート女性ら記者会見で明言(時事通信・・・11月14日21時1分配信 )
posted by ちゃえ at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品偽造問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市民が自・民を判断

今日(18日)が、大阪市長選の投票日だ。
福田内閣で初めての選挙であり、小沢氏の騒動後初めての選挙である。
民主の党首が小沢氏に最登板を託したのは、選挙に勝ちたいという思いだと強調している。
ならば、この選挙は大いに注目できる。
果たして、この選挙に民主の候補は勝てるのか?!
投票結果が面白い。

福田政権後初自民か!小沢騒動後初民主か…18日注目の大阪市長選 (スポーツ報知・・・11月18日8時1分配信 )
posted by ちゃえ at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

小沢氏辞任の真意は?!

安倍前首相が辞任した時に、痛烈に批判していた小沢氏。
この時期に考えられないと言っていた張本人が、全く同じ事をした。
安倍氏が、党首会談を申し得れた時、少なくとも小沢氏サイドは動かなかった。
今回の会談に対しては、再三に渡って
 「福田総理は誠意を持って会談してくれた」
と、言ってのけたが、安倍氏の誠意を受け入れもせずに拒否した態度には、わずかながら傲慢さを感じる。
福田総理と小沢氏は、年齢的にも因縁的にも、話題に事欠く事の無い二人だ。
マスコミも『平成の角福戦争』とはやし立てた。
それに乗って、何かが起こるのではと、私達も期待してしまったのも事実。
判っていながら不覚にも、マスコミの情報に乗ってしまった。
何とも情けないものだ。

以前、小泉前首相が「自民党をぶっ壊す」と言っていた。
そして今、小沢氏は「民主党をぶっ潰した」のだ。
壊し屋の異名を持つ小沢氏が取った行動は、万人には理解できない。
辞意表明をするまでは、党の代表だった小沢氏が、自らの意思で、
 今の民主党では選挙は勝てない
と、言ってのけた真意は、分立と読む。
参議院与党過半数の絶対数を引き連れて、民主党から飛び出ていくのではないだろうか。
そうなると、民主批判とも取れるような発言も、私的には納得ができる。
自らも衆議院議員なのだから、次の選挙で出馬するのだから、自分の当落にも関わってくる。
次の手の内は何か?
今後の報道が楽しみになってきた。
今、政界がとっても面白いと思えるのは、私だけだろうか?!
posted by ちゃえ at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

小沢氏、民主党代表を辞任の意向

福田総理と小沢代表の密室会談が、議論の的になっている今、小沢代表が辞意を表明した。
元々、小沢氏は自民党出身の『影の存在』だった。
又、沢山の政党が寄り集まった民主党だが、どこを切っても自民の顔が覗く。
この密室会談は、自民党内の会談のようだった。

自民が‘政治と金の問題’に対して消極的なのは、やましい所が多いからだ。
昔からの‘ドップリ金浸りの自民党’が、いきなり‘クリーンな自民党’になれる訳がない。
同じように、小沢氏も‘ドップリ金浸り’の政治家だ。
小沢氏を突っつけば、埃どころでは済まないのは、歴然の事実だ。
若手でやり手の民主議員としては、かなりやりにくかったはずだ。
金銭問題で自民を突っつけば、おはちが回ってくる。
どうにもやり難い状態だったはずだ。
そこに、今回の密室会談での『大連立』
提案したのは、やはり小沢氏だったようだ。
その事実を知って、党内からの突き上げに絶えられなかったのだろう。
求心力を失った小沢氏は、いつも同じ手を使う。
小沢氏はいつもそうだ。
気が短い。
まるで、ダダッ子のようだ。
自民を飛び出した時も同様だった。
そして、新進党をつぶした時が、一番の記憶に残った。
鶴の一声で、アッという間につぶしてしまった。
今回もいつかは、このような状態に陥るであろうと傍観していたが、やはり勘は当ってしまったようだ。

昨日(3日)の夕方から度々、中選挙区という言葉を耳にした。
これも小沢氏が口にしたらしいが、よく考えて欲しい。
中選挙区を小選挙区に変えた張本人は、小沢氏だ。
自民が有利に選挙ができるように変えた。
今になって中選挙区とは、空いた口が塞がらない。
自分の有利な状態に持っていくのが小沢流だ。
何とも、身勝手な政治家だとつくづく思う。

安倍氏が総理を辞任した時に、批難し続けたのは民主だ。
 政局が大事な時に、身勝手に辞めてしまうなど、言語道断だ
そう言って、批難していた。
今回の小沢氏の取った態度は、どうなのだろうか。
同じ言葉を贈りたいものだ。
批難したり反対したりする事は容易い事だ。
そうする立場なら、絶対に我が身に置き換えるような事があってはならない。
現状のような民主党に、政権を委ねる気持ちにはなれない。
政権政党と言う事は、責任政党になってくれなければならいはずだ。小沢氏、民主党代表を辞任の意向
posted by ちゃえ at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。