<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2007年09月23日

自民党のお裁きは?得をした民主党!

安倍総理の突然の辞任から始まった後任総裁選挙。
任期中に現職大臣の自殺も異例だったが、このような状態で総理が辞任したのも異例だった。
今回の総裁選は、盛り上がりに欠けるものでもあった。
それと同時に、派閥の復活が露見したものでもあった。
麻生候補は、実に庶民受けがいい。
何度も演説をこなしている自信が漲っている。
福田候補は、麻生候補に推される形が見てとれる。
どちらの候補が総裁になっても、政治運営に関しては影響は同じように感じる。
私としては拉致問題を含む北朝鮮外交は、麻生氏の思想を支持する。
靖国問題には、福田氏を支持する。
相対的なアジア外交は、どちらもどっちだ。
対米は、麻生氏が断然有利だ。
外務大臣の経験からくる自信の賜物だろう。
その半面、麻生氏には、失言という爆弾もある事も事実だ。
毛並み的には、どっちもどっちの二世議員。
議員としての経験は、任期年数からすると麻生氏だろうが、年齢的平和主義からすると、福田氏なのかもしれない。

安倍総理が辞任した時には、あたかも麻生氏が総理になるという流れだった。
この時には、私には麻生氏に対して違和感があった。
しかし、一夜空けてみると、流れは福田氏に変わっていた。
そうなると、麻生氏が気の毒になってきたのも、庶民感覚なのだろう。
それにしても、どうして昔の自民党が復活してしまったのか。
国民感情が理解できないような、二世議員が多いからではないだろうか。
普通の国民を経験していなければ、普通の国民感情など理解できない。
「国民の方を向いて政治をしなければならない」など言ってはいるが、国民受けする為の言葉にしかすぎない。

そして、2時から投票が始まった。
投票結果は、
 投票総数 528票 有効投票数 527票 無効投票 1票
  福田氏得票数 330票
  麻生氏得票数 197票
福田新総裁が決定した。
その後、安倍総理のメッセージを発表した。
その内容は、政治空白を招いた謝意を、国民に伝えたものだった。


今回の総裁選は、民主党を救っただろう。
この話題がなければ、横峰議員のスキャンダルがあった。
姫の虎退治のスキャンダルもあった。
数日前には、民主党の公設秘書の大麻所持で逮捕という不祥事もあった。
民主党の議員の資質を問いたいと思うような事ばかりが続いていた。
それが陰に潜んでしまうほど、総裁選が全面に出た。
マスコミは、偏っているのではないか。
公平は報道を、心から望む。
posted by ちゃえ at 15:13| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

安倍総理、突然の辞任表明

所信表明演説を10日(月)に終え、代表質問を前にして辞任表明をした。
どうしてこの時期に、辞任なのか真意が掴めない会見を行った。
辞任をするなら、参議院選での惨敗後ではなかっただろうか。
今更、言ってもしかたがない。
1年前の総理就任から、安倍総理には受難続きだったと感じる。
安倍総理自身の問題ではなく、良いにしても悪しきにしても、安倍総理以外からの問題が吹き出てきた。
しかし、その算出した問題に対しての処理能力が無かった。
前代未聞の総理辞任劇には、数々の前代未聞があった事を忘れてはならない。
何とか還元水から始まった、政治と金の問題は、現役大臣の自殺というあり得ない事件が起きた。
後任の赤城大臣にも金の問題が勃発し、終いにはバンソウコウ大臣。
国会としても捩れ現象の起こってしまった現状で、厳しい政治運営を迫られていた。
年金の問題は、山済みになっている。
テロ特別対策措置法も中途半端なままだ。
政治と金の問題は、手付かずではないか。
何をしても責任問題を迫られ、求心力がなくなっていたのは事実だ。
局面を打開する為の辞任とは、何たる事か。

当初、解散総選挙を避ける為の辞任なのかと感じた。
しかし、いかがなものか。
後戻りもできない、前には全く進めない。
安倍総理の辞任には、朝青龍問題とダブるような気がする。
 ここには要られないから、モンゴルに帰る
と、我が儘を通してしまったように、安倍総理も
 もう我慢できない辞める
と、言っているようにも感じる。
無責任だが、自らが招いた現実に、耐えられなかったのだろうか。

産経新聞配信記事

安倍晋三首相は12日午後2時から首相官邸で緊急記者会見を行い、辞任を決意した理由について「今後、テロとの戦いを進めていくには、局面を転換しなければならない。新たな総理のもとで戦いを継続すべきと考えた」と辞任の理由を述べた。その上で、「(秋の)国連総会にも新しい総理が行くことが局面を変えていくことになる」と述べた。
 また、「本日、(自分のテロとの戦いに対する)率直な思いを(民主党の)小沢(一郎)代表に伝えようと思い、党首会談を申し入れたが、断られた」とし、これも辞任を決意する一因だったことを認めた。
 さらに安倍首相は「改革を進めていく決意で続投し、内閣改造を行ったが、国民の支持、信頼の上で力強く政策を進めていくのが困難な状況になった」と述べた。
posted by ちゃえ at 17:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。