<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2007年08月29日

横峰議員のスキャンダルと議員の資質

参議院選に民主党が、さくらパパを容認したと報道された時、このようなスキャンダルが発覚するのは時間の問題だと思っていた。
昨日、会見を開いたが、激怒で終わらせた。
話しているうちに、自分を擁護する為に作ってもらった構図が、あたかも正論であったかのように錯覚してきたのではないだろうか。
事実は彼だけが知っているはずだが、今度ばかりは分が悪い。
激怒の度合いが過激になればなうほど、彼の仮面が剥がれてくるように見えた。
彼の場合、ゴルファーの横峰さくらプロを、スパルタ式で立派に育てたという実績だけで、さくらプロと2人でセットだった。
その実績も、通常の常識で育てた訳ではない。
平日のゴルフ場は、プレー料金が安くなっている。
学生のさくらさんを、勉学を優先させずに平日の練習をさせていた。
学校からの苦情には、自らの自論だけで押し切っていた。
ここに、庶民の代表としての資質はあるのだろうか。
我が子を立派なプロになる事と、子供の勉学を天秤にかけると、常識では一応は勉学が優先されるべきだ。
非常識な常識で物事を計り、政治に参戦されてしまうなら、これほど国民にとってマイナスな事はない。

民主党の候補選びは、以前から問題化されていた。
最近では、4月の地方選で世田谷区議選でトップ当選した議員は、経歴些少。
過去の民主党の国会議員で、麻薬を常習し逮捕歴のある沖縄の議員もいた。
有名ならばいいのかという問題になってくる。
何でも、民主党の候補条件は‘イケメン&爽やか’だと、それだけでOKらしい。
議員としての資質は、全く問わない。
我々の生活の根本を握っていく国政に、その資質は必要ないのだろうか。
吼えるだけの議員は全く必要ない。
これでは今後の日本を任せていけないのではないだろうか。

捩れ現象の国会では、民主党の活躍に目をむけていこうではないか。
posted by ちゃえ at 09:04| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。