<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2007年02月28日

川崎協同病院 須田被告に減刑

川崎・筋弛緩剤事件、1審を破棄し減刑…東京高裁
 読売新聞2月28日13時59分配信

川崎協同病院(川崎市)に入院中の男性患者(当時58歳)が1998年11月、気管内チューブを抜かれ、筋弛緩(しかん)剤を投与されて死亡した事件で、殺人罪に問われた元主治医、須田セツ子被告(52)に対する控訴審判決が28日、東京高裁であった。

 原田国男裁判長は、須田被告を懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)とした1審・横浜地裁判決を破棄し、懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。


判決文を閲覧した訳ではないので、何とも言えないが、この判決には納得がいかない。
どうして、減刑なのか?!

被告の行為が「尊厳死」なのか?!
治療を中止しても違法性を免れる要件を満たすか?!
又、被告の精神状態が当時、正常だったのか?!

納得のいかない判決だった。
誠に残念である。
この行為は、絶対に認められないはずだ。
posted by ちゃえ at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ミス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎協同病院の医師に今日、判決

「殺人」の女医にきょう二審判決=筋弛緩剤投与−川崎協同病院事件・東京高裁
2月28日6時3分配信 時事通信


 川崎市の川崎協同病院で1998年、意識不明の男性患者=当時(58)=から気道を確保する気管内チューブを抜き、筋弛緩(しかん)剤を投与して死なせたとして殺人罪に問われ、一審で有罪とされた医師須田セツ子被告(52)の控訴審判決公判が28日午後、東京高裁(原田国男裁判長)で開かれる。懲役3年、執行猶予5年の一審判決を不服として無罪を主張する被告側が控訴していた。
 被告の行為が「尊厳死」や、治療を中止しても違法性を免れる要件を満たすかが争点となった。 

最終更新:2月28日6時3分



この問題は、絶対に見逃す事のできない事件だ。
今日の午後に、判決が下る。
その内容に注目をしている。


<関連記載記事>
代々木病院の医療ミス
posted by ちゃえ at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ミス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

代々木病院の医療ミス

四国新聞社HP〜 胆のう手術後に女性死亡/医療ミスの可能性も
2007/01/17 21:57

 東京都渋谷区千駄ケ谷の代々木病院(松永伸一院長)で、胆のうの摘出手術を受けた東京都町田市の無職女性(65)が、手術後に容体が急変し死亡していたことが17日、分かった。

 病院の届け出を受けた警視庁原宿署は、医療ミスの可能性もあるとして、業務上過失致死容疑で司法解剖し死因などを調べている。

 同署や病院によると、女性は15日午後、同病院で胆のう摘出の腹腔鏡手術を受けた。手術は副院長の男性医師(44)が執刀。胆のう周辺の炎症がひどいことなどから途中で開腹手術に切り替え、約4時間で終了した。

 同日午後8時半ごろ、女性が腹痛を訴え鎮痛剤を注射。同9時すぎに女性の呼吸状態が悪化し、同11時ごろ腹部からの出血量が増えた。16日午前1時半から出血部位を確認するため再び開腹したが、同4時すぎに出血性ショックで死亡したという。



重大な医療ミスも陰に隠れてしまう現状。。。。。。。
posted by ちゃえ at 06:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療ミス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

宮本邦彦巡査部長から警部に

?x@.jpg宮本邦彦警部(53)は、12日付で巡査部長から特進した。
自殺願望の女性を助けようとしての結末だった。
あまりにも悲しすぎる。
地域に根ざした宮本巡査部長の日々の活動は、テレビの報道からも垣間見られる。
本当に素晴らしい『おまわりさん』だった。
今、警察内部の不祥事なども報道されている中、彼の行動を我が身に置き換え考える事ができた警察官がどれほどいただろうか。
殆どの警察官が、そうであってほしい。
遺族の方々のお気持ちを察するに、かける言葉も見当たらない。
健気にそして気丈に振舞われておられるご遺族を目にする度、涙が止まらなくなってしまう。
今の殺伐としてしまったこの社会に、人間の暖かさを問い掛けた問題だった。
死して尚、社会に問題を提示してくれたように感じる。
この勇気ある行動に対し、心からの回向を送る。
ご家族の方々の、今後が幸多かれと祈る。


毎日新聞から (2月13日17時17分更新)
posted by ちゃえ at 11:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

柳沢発言の波紋

<柳沢発言問題>愛知知事選、北九州市長選に対照的な影響
       2月2日23時39分配信 毎日新聞

 愛知県知事選、北九州市長選は柳沢厚労相の「産む機械」発言の影響に注目が集まるが、地元では対照的な選挙戦になっている。愛知では、自公両党推薦の現職陣営も「厚労相批判」に加わり、防戦に懸命だ。北九州では新人陣営が政党色の出過ぎを嫌って厚労相発言問題とは距離を置き、与党が息を潜める展開になっている。


<柳沢発言問題>3割が「辞職すべきだ」自民党都道府県連
       2月2日22時30分配信 毎日新聞

 柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言をめぐり、毎日新聞は1〜2日、自民党の47都道府県連の三役らにアンケート調査を実施した。約3割が厚労相を「辞職すべきだ」と答え、発言を「許されない」と答えた幹部は約7割にのぼった。全体的に厳しいトーンで、間近に迫った統一地方選や参院選への影響が「ある」との回答も5割だった。【まとめ・亀田早苗、林知生、柿沼秀行】
 「発言をどう考えるか」「責任のとり方」「統一地方選や参院選への影響」の3つの質問に三者択一で答えてもらい、理由は自由に述べてもらった。「無回答」「回答拒否」の都県を含め、全都道府県連の会長1人、幹事長39人、総務会長4人、政調会長3人に取材した。
 発言について、「許されない」の回答は32人で、「謝罪すれば許してもかまわない」は8人、「問題がない発言」は0人だった。
 「許されない」理由は、「女性軽視」(宮崎)、「人を『機械』と表現すること自体問題」(秋田)、「時代錯誤」(島根)、「厚労相として言っていい言葉ではない。トップとして許されない」(北海道)――など。
 「許してもかまわない」理由は、「すでに謝罪し、国民にも説明」(香川)など、謝罪が済んでいるとの意見が多かった。「表現が独り歩きし、ためにする議論」(兵庫)、「本人が受けた古い教育環境もある」(熊本)との意見も。

 責任の取り方では、「辞職すべきだ」は13人。「辞職すべきでない」は12人、「そもそも問題はない」は1人だった。
 選択肢を選ばない人が多く、「出処進退は自ら判断すべきだ」という旨の回答が11人。「内閣が決めること」(千葉)、「国民がどう考えるかによる」(島根)もあった。「自ら判断すべきだ」とした中でも、「厚労相としては不適格。自分の言葉に責任を」(京都)などの注文があった。
 「辞職すべきだ」理由では、「担当大臣でもあり、軽い発言は許されない」(佐賀)など、職責の重大さに触れた意見が大半。「仲間としては守ってあげたいが、党のイメージが悪くなる」(長崎)といった声もあった。
 「辞職すべきではない」理由は、「反省を政策で示すべきだ」(大阪)など、職責を果たすことで責任をとるべきだとする意見が多く、「野党は政争の具にしようとしている」(栃木)とする声も。


由々しき問題発言である。
指摘されている女性として、断じて許されない。
昨日のTVで、一般市民にアンケートをとったり、ファックスを募集したりしていた。
その中で、興味のある文面があった。
70代後半の女性からのファックスだった。
 私達の年代は、そう言われ続けて子育てをしてきた。
 柳沢さんも同じ年代。
 そんな時代背景を経験した年代からすると、柳沢発言に不愉快は感じない。

内容は、ショッキングであり、そんな捉え方もあるのかと考えさせられてしまった。
しかし、彼の要職は担当大臣。
まさに少子化や女性人格の向上などが、その仕事の中に大きな領域としてある。
不適切この上ない発言であり、酌量の余地はない。

この問題を自民党内では、論議の視点がずれているのではないだろうか。
これから予定されている数々の選挙を見据えて、不適切だから辞任させろとは、何事か!
選挙が一番で、発言の問題点は2の次なのか。
それは違うと思う。
それに、野党にも不満がある。
どう考えても、審議拒否は卑怯だ。
現状では、野党は過半数を占めていない為、法案は通ってしまう。
しかし、与野党で論議を真剣にする事によって、与党の提出した法案が、改善される可能性はある。
与党の法案だけが、絶対ではない。
その部分を見極める為に、野党の存在があるはず。
野党としての、責任はどうなるのだろうか。
多額の費用を使って行われている国会を、空転していいのか。
審議拒否している野党議員にも、審議をしている与党議員にも同じように給金が支払われてしる。
これは全て血税である事を、更に認識をしていただきたい。
野党としての存在責任を果たしてもらいたいものだ。
posted by ちゃえ at 08:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。