<<『地雷廃絶日本キャンペーン』を応援するブログ>>

ご意見等がございましたら、是非メールでご連絡ください。

メールはこちらにお願い致します


2006年11月29日

公明党・目黒区議の不祥事

公明党目黒区議団全員辞職
    (公明党公式HP〜、11月25日付け公明新聞から)

政治に対しては、特にクリーンなイメージを発信していた「公明党」が、大不祥事を起こした。
事もあろうに、政務調査費の不正使用だ。
自家用車の車検代。
自家用車のカーナビ。
バス旅行の領収書改ざん。
タクシー領収書の改ざん。

目黒の公明党区議は、6人いる。
そのうちの2人は、定年で次の選挙には出馬しない事を表明していた。
残る4名は、公明党から公認されていた。
その公認が取り消された。
事実上、死刑宣告をした訳だ。
目黒区で、この議員達の応援に走り回っていた党員(学会員だけだろう)が、可哀相だ。
死に物狂いで、応援していたのに、今になって裏切られたと感じているだろう。
目黒区だけではない。
全国の党員に広がっているショック。

この問題は、果たして目黒区の公明党区議だけの問題だろうか。
絶対に違うはずだ。
そもそも、領収書提出の義務がある地方自治体は、全体の何割なのだろうか。
都内23区にも、領収書提出義務のある区の方が少ない。
誰もが‘第二の給料’として、この政務調査費を使っているはずだ。
目黒区の他の議員達も、ハラハラしているはずだ。
勿論他党にも、衝撃は走っているはずだ。

いち早く手を打ったのは、公明党代表の太田氏。
公認を外された事で、待っている道は一つしかなくなる。
辞職したのは本人達の意思だろうが、この道しか残っていなかったのも事実。

公明党の目黒区議の事を問題視するのではなく、全体の政務調査費に対しての追及が第一になるはず。
あの公明党でさえ、こんな事をするのだから、危ない議員ばかりだろう。
今後、政務調査費の問題がクローズアップしてもらいたいものだ。





posted by ちゃえ at 14:02| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治家の不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

たかり問題の校長が自殺

校長自殺…“いじめ隠し”謝罪会見翌日・・・・スポーツ報知

北九州の教育委員会の会見を見て、責任を全て現場に押し付けている事に怒りを感じていた。
問答無用の体質を作り上げた自分達の責任は棚に上げて、全てを現場の怠慢にして罵るような発言が続いた。
怒りを感じながらも、この体質に呆れてもいた。
‘いじめ’の問題が大きく報道されるようになってから、教育委員会の体質を問う方向に動いている現状。
自分達の非は、一切認めないのか。

この自殺した校長は、全校生徒の名前を全て覚えているほど、子供達を賢明に思っていた校長だったという。
ならば、この問題の最中、このような結果を選んだのは何故か。
残された児童や教職員の心中を、どのように想像したのか。

いじめ問題で、自殺はしてはいけないと訴える側の自殺。
納得できない思いを持ちながらも、何とも云えない絶望感を感じる。
posted by ちゃえ at 08:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いじめ問題・教育関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

はらたいら氏 死去

漫画家はらたいらさん死去 「クイズダービー」でも人気


??§??¢§.jpgテキパキとした回答で、視聴者を釘付けにしていた。
大橋巨泉とのやりとりも楽しかったものだ。
63歳とは、まだまだ若い。
残念でならない。

 ご冥福を心からお祈り申し上げます。
    <<合掌>>
posted by ちゃえ at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

いじめはいじめる側が悪い

文科省・・・「いじめ自殺」調査方法見直し

何年もの間、いじめが原因で自殺した児童はいないと報告されていた。
その報告を杓子定規に受け止めていた文科省。
報告する方もする方だが、それを受け止めてしまう方にも大きな過失があると感じる。
今頃になって、調査方法を見直すという。
ましてや、有識者での初会合が開かれるという。
手を打つのが遅すぎやしないか?!
兎角、お役所仕事なのだろう。
しかし、時は待ってはいない。
子供達には、待ったはきかない。

昔は、いじめる側にも問題があるとされてきた。
しかし本来、‘いじめ’は、いじめる側が絶対的に悪い。
何故なら、人は差別したりされたりする行為こそ、あってはならない事だと考える。
今の子供達を取り巻く環境は、少なからず人との交わり方を教えてはいない。
自分がされた時に、自分ならどう感じるかが、していい事と悪い事の線引きのはずだ。
ぞの線引きは、友達同士で遊んでいく中から生まれていた。
現代の大きな問題点は、人との交わり方がわからないという事だろう。
この問題は、子供だけのものだとは云い難い。
大人の世界でも大いに起こっている。
自分の気持ちだけを全面に押し出すのではなく、自分と周りとの協調性を重視していく事が、これからの課題にあがっていると考えている。

posted by ちゃえ at 13:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | いじめ問題・教育関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

再スタート

長らく、更新をせずにおりました。
思うところがあって、少しブログをお休みしていました。

今日から、再スタートを切ろうと思います。

表紙を変えて、心機一転。
また、よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by ちゃえ at 14:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング 人気ブログランキング・ランブロ access countゴルフクラブ パター ショッピングネピア おむつムーニー おむつ
≪アパレル&シューズ≫いよいよサマーSALEスタート!
里親2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。